俳優のウィル・スミスが7月に20歳となる愛息ジェイデンのファッションチョイスに困惑していた時期があったと、彼の妻で女優のジェイダ・ピンケット・スミスが明かした。

息子のファッションチョイスにウィル困惑

 型破りで独特な発言だけでなく、ファッションでも個性を主張している俳優兼ラッパーのジェイデン・スミス。男女の枠にとらわれず、ファッションを通じて自由に自分を表現したいと、女性もののスカートやワンピースを身に着けて外出することが多々あるジェイデンだが、一体彼の両親であるウィルとジェイダは、どう思っているのだろうか?

画像: 普段着にもスカートやワンピースを取り入れているジェイデン。

普段着にもスカートやワンピースを取り入れているジェイデン。

 ジェイダは、ジェイデンが数年前にスカートを履き始めた頃に夫ウィルとの間で繰り広げられた会話について米Peopleに告白。当初、ウィルはジェイデンの奔放さに困惑していたとしながら、「ウィルが複雑な感情を抱いていたことは確かね。彼はある日、私に電話してきて『ジェイデンがスカートを履いていることについて、あいつと話したりした?』って聞いてきたわ」と夫婦間でプチ会議があったことを明かした。

画像: 左から:ウィル・スミス、ジェイデン・スミス、ジェイダ・ピンケット・スミス。

左から:ウィル・スミス、ジェイデン・スミス、ジェイダ・ピンケット・スミス。

  

ジェイデンがスカートを履く深い理由

 戸惑いを隠せないウィルに対し、ジェイダは、ジェイデンが女性ものの洋服を着ることについて、まったく異論は無かったそう。ウィルからの質問に「ええ、話したわよ。彼はスカートが履けてすごくハッピーみたい」と回答したというジェイダは、ジェイデンが話したファッションにかける情熱についてこうも明かしている。

 「ジェイデンは自分がスカートを着用することで、世の中の若い子たちに自由を与えたいんだって。既成概念にとらわれるのではなく、スカートを履くことで周囲からいじめられたり攻撃されるんじゃないかっていう不安を感じなくていいようにしてあげたいと言っていたわ」。

"Just Come Here"

A post shared by Jaden Smith (@c.syresmith) on

 以前、女装について、「ドレスを着たいなら着るし、僕がそれを流行らせるよ」とツイッターで格言を残していたジェイデン。我が道をゆく彼の独特なファッションは、思惑通り、たくさんの若者たちに支持されている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.