世界で最も稼ぐモデルのケンダル・ジェンナーの「絵文字」の使い方がセクシーすぎる。彼女が過激な写真を投稿する理由って?

「絵文字の使い方」が超絶セクシー

 ケンダルはインスタグラムストーリーで、胸元が露わになったボディスーツを着用したセルフィーを公開。

画像1: ©Kendall Jenner/ Instagram

©Kendall Jenner/ Instagram

 鏡越しに撮影された写真にはバストの形がはっきりと写っており、両乳首の部分には「ソフトクリーム」の絵文字が乗せられている。

 ケンダルが絵文字を使って乳首を隠したショットを公開したのは今回が初めてではなく、2016年には黒のシースルートップスから透ける乳首に大好物の「ピザ」の絵文字を乗せた写真を公開していた。

画像2: ©Kendall Jenner/ Instagram

©Kendall Jenner/ Instagram

  

「絵文字ON乳首」ショットを公開する理由

 一体ケンダルがこんな過激なショットを公開する理由は何なのだろうか? 

 それは、以前から彼女が提唱している「ノーブラファッションはごく普通のこと」、「乳首は恥ずかしがるべきものではない」という主張を後押しするためだと考えられる。

画像: 5月に行われた高級ジュエリーブランド「ショパール(Chopard)」のイベントに完全シースルーのドレスでレッドカーペットに現れたケンダル。

5月に行われた高級ジュエリーブランド「ショパール(Chopard)」のイベントに完全シースルーのドレスでレッドカーペットに現れたケンダル。

 海外の女性たちの間でノーブラファッションが流行するなか、新たなファッション&ビューティー・ポイントとして注目を集めている“乳首”。「女性はこうあるべき」、「女性はこういう格好をするべきではない」という古い考え方を捨て、「もっと自由におしゃれを楽しもう」という論調が強まるなか、女性の強さや自由を象徴としても注目され、SNS上では「Free The Nipple(フリー・ザ・ニップル/乳首を開放せよ)」というハッシュタグが誕生し、頻繁にトレンド入りしている。 

画像: プライベートでも公の場でもノーブラで現れることは日常茶飯事のケンダル。

プライベートでも公の場でもノーブラで現れることは日常茶飯事のケンダル。

 しかし、インスタグラムなどでは、男性の乳首は特に問題視されないものの、女性が乳首を露出した写真の投稿はNGとされており、強制的に削除措置が取られるのが現状。ケンダルは、この不平等を皮肉り、抗議する意味で「ソフトクリーム」や「ピザ」などのポップで可愛らしい絵文字を乳首部分に乗せて公開しているよう。彼女のこの行動には、彼女と意思を同じくする世間の女性たちから称賛の声すら上がっている。

 普段からノーブラファッションを愛し、世間では彼女の乳首に憧れて「乳首整形」を希望する女性が続出するなか、ケンダルは「フリー・ザ・ニップル」ムーブメントのアイコン的存在として精一杯のアピールをしているようだ。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.