映画『ワンダーウーマン』シリーズの主演女優ガル・ガドットが、小児病院に入院する子供たちを「ヒーローらしい方法」で勇気づけた。

“生”ワンダーウーマンに大興奮

 昨年、世界中で大ヒットを記録した映画『ワンダーウーマン』の続編を現在撮影中のガル・ガドット(33)が、続編の撮影地米ヴァージニア州のフォールズ・チャーチにあるイノヴァ小児病院を訪問した。

画像1: www.facebook.com
www.facebook.com

 劇中で使用しているコスチュームを着用し、“ワンダーウーマン”として登場するというサプライズで子供たちを喜ばせたガルは、スーパーヒーローならではの方法で闘病生活を送る幼い子供たちを激励。

画像2: www.facebook.com
www.facebook.com

 子供たちひとりひとりと真摯に向き合うガルの姿に、病院関係者からは「あなたは本物のワンダーウーマンよ!」といった感謝と称賛の声が上がっていた。

Jamie Gentilleさん(@jamiegentille)がシェアした投稿 -

 ちなみに最初にもお伝えしたが、現在ガルは『ワンダーウーマン』の続編を撮影中。

画像: 続編の撮影は、今回訪問した小児病院があるヴァージニア州とワシントン州、そして首都ワシントンD.C.の3ヵ所でおこなわれている。

続編の撮影は、今回訪問した小児病院があるヴァージニア州とワシントン州、そして首都ワシントンD.C.の3ヵ所でおこなわれている。

 2019年に全米公開予定の続編は、前作から約60年後の“冷戦時代”が舞台となっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.