映画『グレイテスト・ショーマン』などの人気作品に出演しているゼンデイヤが、新たにドラマに出演することが決まり、そのティーザーが公開された。

 女優だけにとどまらず、シンガーやモデルなど、幅広く活躍するゼンデイヤ。『スパイダーマン』や『グレイテスト・ショーマン』など、最近では人気映画に出演しているゼンデイヤが、米HBOの最新ドラマ『ユーフォリア(原題:Euphoria)』に出演する。

画像: ゼンデイヤ、17歳の薬物中毒の役を演じる話題作のティーザーが公開

 今回ゼンデイヤは作品のなかで、これまでのイメージとは真逆のドラッグ中毒で嘘つきな主人公ルーを演じる。『ユーフォリア』は、ドラッグやセックス、アイデンティティー、トラウマ、ソーシャルメディア、恋愛、友情などに悩む高校生を描いた内容となっており、90年代に社会現象にもなった映画『トレインスポッティング』の子供版とも言われている。

 実は同作は2012年にイスラエルで公開された同名のドラマがベースになっており、イスラエルでのシリーズの制作陣も今回の作品に参加。

 そして今回、ゼンデイヤが『ユーフォリア』のティーザー映像を自身のインスタグラムで公開。その映像には、まるで死んだような目つきでカメラを見つめているゼンデイヤが映し出されている。

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿 -

 出演者はゼンデイヤのほかに、ジェイコブ・エロルディやストーム・リードなど、若手俳優たちが勢ぞろい。さらにラッパーのドレイクやDJのフューチャー・ザ・プリンスもプロデューサーとして『ユーフォリア』に携わることが決定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.