注目の若手ラッパー、ポスト・マローンがエゴサーチした結果にショックを受けて検索エンジンを削除したことを明かした。

もう2度とエゴサーチをしないと宣言

 今年7月に「FUJI ROCK FESTIVAL '18(フジロックフェスティバル)」に出演するために初来日を果たしたポスト・マローンが、エゴサーチ(※)をした結果とんでもない「悪口」が出てきたことをツイッターで告白。
 ※検索エンジンなどを使って自分の本名や通り名を検索し、インターネット上における自分自身の評価を確認する行為。

 そのことに少なからずショックを受けたポストは、自分と同じく他人からの心ない言葉に傷つく人たちにエールを送った。

 「もう2度と自分のことを検索したりするもんか(笑)それぞれ別の媒体から『歩くSTD(性病)』と『人間鼻ちょうちん』と呼ばれてるのを目にした。そのあとすぐに(検索エンジンの)サファリを消したよ(笑)もし何かツラい思いをしている人がいるなら、辛抱強くあれ。人から何を言われようと気にするな。君は最高だ

画像: もう2度とエゴサーチをしないと宣言

 体だけでなく顔面にも複数のタトゥーが入っているいかついルックスとは裏腹に、今回の一件で繊細な一面があることが明らかになったポスト。

 じつは、彼は過去にも外見に悩みを持つ人たちに向けて「決して周りの奴らに『醜い』なんて言わせるな。君はそのままで十分最高だ」と呼びかけるなど、ツイッターを通じてこれまでに何度もポジティブなメッセージを発信している。

 また、話は少し変わるが、先ほどのツイッターの投稿に文字ミスを見つけた際に、すぐさま訂正の投稿をする生真面目な一面も。

 「sir bubble」と書いてあったが、実際には「snot bubble」であったと訂正した。

 そんな彼の実際の人柄を知ってファンになったという人も多く、ワイルドな外見とのギャップで人々を魅了している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.