『フィフティ・シェイズ』シリーズのダコタ・ジョンソンと、交際がウワサされるコールドプレイのボーカル、クリス・マーティンがお揃いのタトゥーをゲットしたと言われている。

「永遠」誓うお揃いタトゥー?

 2017年末から交際がささやかれているダコタ・ジョンソン(28)とクリス・マーティン(41)が、ついに真剣交際に発展か?

 これまで数回ほどデート現場をキャッチされており、エレン・デジェネレスのバースデーパーティでは手つなぎショットも激写されている2人は、ひっそりと愛を深めている。

 そんな2人が、お揃いのタトゥーをゲットしていたことが発覚。

新作映画『サスペリア』のためにベネチア国際映画祭に出席したダコタのひじの辺りに、新たなタトゥーがあることが確認できる。

画像1: 「永遠」誓うお揃いタトゥー?

 そしてクリスにも、腕の内側にダコタのタトゥーと激似なタトゥーが入っていることが、S.E.A. Jeansというブランドのローンチの時に撮影された写真で明らかとなった。

 2人がお揃いで入れたとみられるこのタトゥーは、「永遠」という意味があるインフィニティのデザインに、「キス&キス」という意味があるXXが記されているもの。

画像2: 「永遠」誓うお揃いタトゥー?

 まるで永遠の愛を表現するかのようなタトゥーをお揃いで体に刻んだダコタとクリスだけに、真剣交際をしていると伝えられている。

 クリスは、先日、日本でいうところの勤労感謝の日であるレイバー・デイのお休みを、元妻のグウィネス・パルトロウと過ごしており、離婚した後もグウィネスとも彼女の婚約者とも友好な関係を築いている。(フロントロウ編集部)

画像3: 「永遠」誓うお揃いタトゥー?

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.