先日初めて日本でイベントを行ったラテン系ボーイズグループCNCOのメンバーであるリチャード・カマチョが、ある発言をして日本のファンを沸かせている。

 音楽オーディション番組『ラ・バンダ』で結成したCNCOは、ラテン系音楽アワードで賞を総なめにし、初の単独ツアーを全公演完売させ、2ndアルバムで2作連続の全米ラテン・アルバムチャート1位を獲得と、今ノリに乗っているラテン系ボーイズグループ。

画像: CNCOのワイルド担当、「ある発言」で日本人ファンを発狂させる

 そんなCNCOが先日日本でイベントを行うために初来日。来日中はイベント以外にもテレビ出演や取材があり大忙しだったけれど、寿司を食べたり浅草を訪れたり日本を満喫していた。

 そんななかCNCOのメンバーであるリチャード・カマチョが日本のことを相当気に入ったようで、自身のツイッターにある発言をした。それは「日本人の女性と結婚したい」と日本のファンが大喜びするツイート。

 リチャードはこのほかにも「日本に恋をしている」とツイートし、日本のファンの心をわし掴み。またメンバーのエリック・ブライアン・コロンは日本語で「日本大好き」とツイートし、クリストファー・ベレスは法被を着用した写真に日本の国旗とハートマークをつけてツイート。
 そしてジョエル・ピメンテルは日本滞在中に「なんて美しい国なんだ」とツイートし、サブディエル・デ・へスースは「JAPAN」と書かれたハチマキをインスタグラムにアップした。日本のファンの心をわし掴みにしたメンバーだったけれど、メンバーも日本に心をわし掴みされたようだった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.