「ハロウィンの女王」の異名を取るハイディ・クルムが今年の仮装の準備に着手。

 毎年本気すぎるハロウィン仮装を披露することで一目置かれているモデルのハイディ・クルム(45)。

 元ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズの一員というスーパーモデル・ボディを活かし、これまで様々な仮装に挑戦してきたハイディが、ハロウィンまで約1カ月となった今週、ついに準備をスタート。

 インスタグラムに白い石膏で象った自分の胸像を撮影した動画を公開したハイディは、「2018年のハロウィンの準備を始めたわ」とハロウィンにちなんだオバケやパンプキン、絶叫顔、クモの絵文字などを添えてコメント。

 この動画だけでは、まだどんな仮装となるのかは全く分からないが、コメントの最後には、ハイディが過去に披露した中でも完成度が高いと評判だった“ジェシカ・ラビット”や“老婆”などの仮装グッズを作成した特殊メイク専門メーカーのアカウントがタグ付けされており、今年もリアルなコスチュームとなるのではと期待大。 

画像: 2015年に披露した“ジェシカ・ラビット”と2013年の“老婆”の仮装。

2015年に披露した“ジェシカ・ラビット”と2013年の“老婆”の仮装。

 ハロウィンの仮装のために10億円という大金をつぎ込んだこともあるハイディ。毎年セレブを集めた大規模なハロウィンパーティを主催している彼女が、今年は一体どんな仮装を披露してくれるのか楽しみ! 

画像: 2017年の仮装はマイケル・ジャクソンの名曲「スリラー」のワンシーンを再現した狼男だった。

2017年の仮装はマイケル・ジャクソンの名曲「スリラー」のワンシーンを再現した狼男だった。

 「ハロウィンの女王」ハイディの過去の仮装コレクションはコチラの記事をチェック! (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.