映画『キングスマン』で知られるイケメン俳優タロン・エガートンが新作映画『ロケットマン(原題)』の撮影現場で、思い切りビンタされる瞬間をキャッチ。

 映画『キングスマン』でブレイクを果たし、それから『SING/シング』や『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』など注目作に立て続けに出演するタロン・エガートンは、現在ミュージカル映画『ロケットマン(原題)』をロンドンで撮影中。

画像: エルトン・ジョンに扮した若手イケメン俳優、街中でビンタされる【写真アリ】

 『ロケットマン』とは、大御所シンガーのエルトン・ジョンの若き頃を描いたエルトンの伝記映画。タロンは主役のエルトンを演じるため、増量して撮影に挑んでおり、先日もド派手な衣装を身にまとって撮影している様子もキャッチされた。

新たなキャストが撮影に参加

 順調に撮影が続くなか、新たなキャストとしてドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や映画『シンデレラ』で知られるリチャード・マッデンの姿を発見。

画像1: 新たなキャストが撮影に参加

 スーツでびしっとキメたリチャードは、エルトンのマネージャーでもあり、過去にエルトンと交際していたことでも知られるジョン・リードを演じる。

画像2: 新たなキャストが撮影に参加

 撮影中、エルトンに扮したタロンと何やら真剣な面持ちで話し合っていると思ったら…。

画像3: 新たなキャストが撮影に参加
画像4: 新たなキャストが撮影に参加

 リチャードがタロンに思いっきりビンタ! どんなシーンなのかは分からないけれど、エルトンがマネージャーに怒られるシーンなのか。

画像5: 新たなキャストが撮影に参加

 撮影現場は楽しげな雰囲気で、スタッフと一緒に記念撮影を撮る姿も見られた。映画『ロケットマン(原題)』は、2019年5月17日に全米公開予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.