大手インターネット・セキュリティ会社が発表した「ネット上で検索すると危険なセレブ」のトップ10に意外な人物が食い込んだ。

意外な人物が10位に

 コンピュータのセキュリティ対策の分野で高い評価を誇るMcAfee社が毎年、ネットユーザーへの注意喚起として発表している「ネット検索すると危険なセレブ」ランキングの2018年版が発表された。

 名前を検索すると悪質サイトに飛んだり、コンピューターウイルスに感染してしまう恐れがあるセレブをリサーチしたこのランキングには、毎年、人気ハリウッド女優やセクシーなモデルなどが多く名前を連ねおり、2017年の1位はシンガーのアヴリル・ラヴィーン、2016年の1位はコメディ女優のエイミー・シューマー、2012年の1位は女優のエマ・ワトソンだった。

画像: 左から:アヴリル・ラヴィーン、エイミー・シューマー、エマ・ワトソン

左から:アヴリル・ラヴィーン、エイミー・シューマー、エマ・ワトソン

 しかし、海外のネットユーザーたちの間で注目を集める同ランキングの今年の第10位には、ある意外な男性セレブの名前が。

 その人物とは、Netflixの人気オリジナルドラマ『オレンジ・イズ・ニューブラック』の第4、第5シーズンで憎まれ役の看守デシ・ピスカテーラを演じた強面俳優のブラッド・ウィリアム・ヘンケ

画像: ブラッド・ウィリアム・ヘンケ

ブラッド・ウィリアム・ヘンケ

 トップ10のすべてを毎年女性セレブが占めるというわけではないのだが、ブラッドの選出は知名度やキャラクターから考えてもかなり意外。

 9位以上のほかのランクイン者たちを見てみても、彼の存在だけどう考えても浮いているので、一体どういう理由でブラッドの名前が悪質なサイバー犯たちに選ばれているのか気になるところ…。

 1位となったのは、米CWで放送が予定されているDCコミックスの女性ヒーロー、バットウーマンをドラマ化した『バットウーマン』の主演に抜擢されたルビー・ローズ

画像: ルビー・ローズ

ルビー・ローズ

 そのほかの順位は以下のようになっている。

2位 クリスティン・カヴァラリ(リアリティスター)

3位 マリオン・コティヤール(女優)

4位 リンダ・カーター(女優)

5位 ローズ・バーン(女優)

6位 デブラ・メッシング

7位 コートニー・カーダシアン(リアリティスター)

8位 アンバー・ハード(女優)

9位 ケリー・リパ(テレビ司会者)

画像: 上段左から:クリスティン・カヴァラリ、マリオン・コティヤール、リンダ・カーター、ローズ・バーン。下段左から:デブラ・メッシング、コートニー・カーダシアン、アンバー・ハード、ケリー・リパ。

上段左から:クリスティン・カヴァラリ、マリオン・コティヤール、リンダ・カーター、ローズ・バーン。下段左から:デブラ・メッシング、コートニー・カーダシアン、アンバー・ハード、ケリー・リパ。

 上記のランキングはアメリカ国内での集計を基にしたものであり、イギリス版のランキングでは1位がリアリティスターのキム・カーダシアン、2位がモデルのナオミ・キャンベル、3位がコートニー・カーダシアン、4位がシンガーのアデル、5位が女優のキャライン・フラックとまた別の様相を呈している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.