持っているだけでウキウキする、そんな、自分にも環境にも優しい海外のエコブランドをご紹介。エコ商品なだけでなく、デザインも可愛いブランドをフロントロウ編集部が厳選しました。

MARLEYS MONSTER(マーリーズ・モンスター)

洗って繰り返し使うことのできるスポンジや、サランラップの代わりに使えるボウルカバーなど、日用品を多く取り扱っている「マーリーズ・モンスターズ」。エコ活動が数倍楽しくなるような、カラフルでポップなデザインが豊富なのが魅力。


STASHER(スタッシャー)

アメリカ発の「スタッシャ―」は、環境問題の大きな原因となるプラスチックの代わりとなる、シリコーン製の保存容器を開発。3000回は洗って再利用できるというこのシリコーンバッグは、幅広い温度層に対応しているため、電子レンジや熱湯の中から冷蔵庫まで使用可能という有能さ。様々なサイズで販売しているので、化粧品を入れてトラベルバッグとして使ったり、小物類を持ち運ぶのに使ったりするのもアリ◎。


PLASTIC FREEDOM(プラスティック・フリーダム)

「プラスチック・フリーダム」を立ち上げたのは、イギリスに住むベスという27歳の女性。環境問題に強く関心を持つ彼女は、プラスチックに一切頼らない生活をすることを決意。「プラスチック・フリーダム」では、そんな彼女が愛用するコスメから生活用品まで、さまざまなエコ商品を購入することができる。


GEORGANICS(ジオオーガニクス)

「口に入れるものこそ気をつけたい」という人にオススメなのが、「ジオオーガニクス」。自然派以外の材料を使わない、動物実験を行わないなどの徹底したポリシーに基づいて商品を製造。特に歯磨き粉やマウスウォッシュは、従来のプラスチックの容器ではなく、すべてリサイクル可能なジャーの容器に詰められている。歯ブラシや歯磨き粉、デンタルフロスなどオーラルケア全般を揃えている。


ZAO ORGANIC MAKEUP(ザオ・オーガニック・メイクアップ)

「メイクアップするほど美しい肌に」というコンセプトのもと、天然成分100%でありながらしっかり発色することから、世界40ヶ国以上で販売されるほどの人気ぶり。モチーフとなっている竹は、リフィル可能なパッケージとして使われているだけでなく、アンチエイジングや肌の再生のために、有効成分として製品の中に含まれている。


HYDROPHIL(ハイドロフィル)

口内も地球も救えちゃうのが、ドイツ発祥のエコブランド「ハイドロフィル」。動物を犠牲にしない製品づくりはもちろんのこと、溶けて体内に入ると悪影響を及ぼすBPA原料を含まないプラスチックを使用。またハイドロフィルのめんぼうは、使用後に土や水の中で自然に分解されるよう、竹から製造されている。ストアには、定番の歯磨きグッズのほかにも、石鹸などのお風呂グッズやリップバームなどの日用品も。

Hydrophil

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.