今年5月に結婚した英王室のヘンリー王子とのあいだに第一子を妊娠中であることを発表したメーガン妃が、妊娠を公表後初めて公の場に登場。タイトな白のワンピース姿で、若干ふくらみかかったお腹を初披露した。

妊娠を発表してから初の公務

 現在、初の長期外遊のためにオーストラリアに滞在している英王室のヘンリー王子メーガン妃が、待望の第一子妊娠を発表後初めて公務に参加。オーストラリア総督のピーター・コスグローブ氏とその妻であるリン・コスグローブ夫人主催の歓迎会にそろって顔を出した。

画像1: 妊娠を発表してから初の公務

 この日、メーガン妃が着用していた白のワンピースはオーストラリア出身のデザイナー「Karen Gee(カレン・ジー)」のもので、偶然にもワンピースには妊娠発表後にぴったりの「神の祝福を受ける(Blessed)」という名前がつけられているそう。

画像2: 妊娠を発表してから初の公務

 さすがにまだ妊娠約3ヵ月とあって、それほどお腹のふくらみは目立っていなかったが、横から見ると少しだけぽっこりしているのが確認できた。

画像3: 妊娠を発表してから初の公務

 歓迎会では、コスグローブ総督から妊娠のお祝いとして、オーストラリアを代表する動物として知られるカンガルーのぬいぐるみと、世界的に有名な同国初のブランド「UGG(アグ)」の子供用のムートンブーツを贈呈されたヘンリー王子&メーガン妃夫妻。

 プレゼントを受け取る際、メーガン妃は「とても可愛いですね。これが私たちにとって初めての赤ちゃんへのギフトです」と明かし、微笑ましいやりとりを見せた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.