人気モデルのケンダル・ジェンナーが、自宅の在処をバラした米メディアのTMZを痛烈批判した。(フロントロウ編集部)

「私の生活を危険にさらした」

 ケンダル・ジェンナーのストーカー犯が彼女の自宅にあるプールに不法侵入したというニュースを報じた米メディアTMZに対して、ケンダルがツイッターで不満をぶちまけた。

画像1: 「私の生活を危険にさらした」

 ケンダルは、ストーカー行為などの騒動の根源には、TMZが自分の住まいの場所をバラしたことにあると、今回の事件を報じたTMZのツイートを引用してこうツイート。

  「こういう恐ろしい人がどうやって私の家を知ったと思う?あなたたちが写真だけじゃなく家の場所までバラしたからよ。これじゃ安全とはほど遠いわ。少しのプライバシーもくれないわけ?」

画像1: Kendall on Twitter twitter.com

Kendall on Twitter

twitter.com

 さらにケンダルは、もう1件ツイートを追加して、「有名人としての代償は理解しているけど、住んでいる家の住所をバラすなんて、あなたたちは私の生活を危険にさらした。あなたの家は安全な天国なのに、私の家はあなたたちの記事のせいで安全なんてもんじゃない。恥を知れ」と、TMZに対して怒りをあらわにした。

画像2: Kendall on Twitter twitter.com

Kendall on Twitter

twitter.com

 ケンダルは過去にもストーカー行為に悩まされており、それが影響してパニック障害を引き起こしたり、金縛りに遭ったりすることをリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で涙ながらに明かしていた。

 それに加えて不安障害を抱えているケンダルは、自身のメンタルヘルスのためにモデルの仕事をセーブさせるなど、ストーカー被害はキャリアにまで影響をきたしている。

画像2: 「私の生活を危険にさらした」

 プライベートについて秘密主義でしつこいパパラッチを毛嫌いするケンダルは、自宅の在処を公開して騒動に発展させたにもかかわらず、涼しい顔でニュースにしたTMZのことが相当頭にきたよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.