ディズニーによって実写化される映画『ライオン・キング』の主演キャストが集結した。(フロントロウ編集部)

主演キャストが集結

 ビヨンセがナラ役に抜擢されたことでも話題になっているディズニーの実写映画『ライオン・キング』がついに動き出した。

 映画『アイアンマン』の監督で、トニー・スタークの右腕のハッピー役としても同作に出演したジョン・ファブローがメガホンを取る『ライオン・キング』は、2017年下旬にキャストと公開日(2019年7月17日全米公開)が正式発表されてから、正式には動きがなかったけれど、どうやら水面下で撮影が順調に進んでいるよう。

 動物の世界を描いた『ライオン・キング』だけに、どのようにして実写化されるのかに注目が集まるなか、主演キャストが舞台裏の写真を公開。

 監督のジョン、シンバ役のドナルド・グローヴァー、ミーアキャットのティモン役のビリー・エイチュナー、その相方のプンバァ役のセス・ローゲンが並ぶ写真をジョンやセスがSNSに投稿。

画像: twitter.com
twitter.com

 レコーディングスタジオだと思われる部屋で撮影された4人の集合写真で、映画のメインキャラクターがそろう“ファーストルック”がお披露目となった。

 残念ながらナラ役のビヨンセの姿はまだ見られていないけれど、2019年7月の公開に向けて着々と進んでいるよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.