ジャスティン・ビーバーのヘイリー・ボールドウィンの“美脚ショット”への反応が素直すぎる。(フロントロウ編集部)

 今年7月に婚約を発表し、その約2ヵ月後にニューヨークの裁判所で簡易的な結婚式を挙げたとされるジャスティン・ビーバーヘイリー・ボールドウィン

 行く先々の街の至る所で連日仲睦まじい姿が目撃されている2人だが、結婚が伝えられてから数カ月が経った最近では、ジャスティンとヘイリーの“イチャイチャ”の舞台はSNS上にまで少しずつ範囲を拡大しつつある様子。

 セレブにも愛用者が多いプチプラブランド、Pretty Little Thing(プリティ・リトル・シング)のホリデーコレクションの広告塔に就任したヘイリーは、パーティシーズンに合わせて発売されるドレスコレクションのうちの1着を身にまとったキャンペーン写真をインスタグラムで公開。

 ビーズつきのフリンジがキラキラと輝くシルバーのミニドレスから、クラシックバレエで培ったヘイリーのスラリと長い美脚が伸びるこのセクシーショットには、あっという間に100万件もの「いいね」がつき、フォロワーたちからの絶賛コメントが波のように押し寄せた。

 ジャスティンにとっては毎日見ているヘイリーの美脚のはずだが、普段はカジュアルな装いが多い彼女が、煌びやかなドレスを着た姿にはグッとくるものがあったのか、ジャスティンも一般フォロワーたちに紛れて、こっそりこの写真にコメントを残していた。

画像: ヘイリーが投稿した写真に残されたジャスティンのコメント。©Hailey Baldwin/Instagram

ヘイリーが投稿した写真に残されたジャスティンのコメント。©Hailey Baldwin/Instagram

 ジャスティンは「Holy Crap」という日本語にすると「こりゃすげえ!」、「なんてこった! 」といった驚きの表現になるスラングを使ってヘイリーの美脚を賛美。さらに「This is hot(これはホットだ)」と続け、ヘイリーのセクシーさをシンプルに褒めちぎっていた。

 現在は新曲のレコーディングなどをするよりも、法的にはすでに“妻”であるヘイリーと過ごす時間を優先していると言われるジャスティン。一方のヘイリーはキャリアを前進させることに意欲的で、そんな仕事への情熱の違いが2人の間にちょっとした「すれ違い」を生んでいると伝えられたが、ある意味ヘイリーのモデルとしての仕事ぶりを認めるかのようなジャスティンの今回のコメントを見る限り、2人の関係を心配する必要は無さそう。(フロントロウ編集部)

 

 

 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.