ハロウィンの女王という異名を持つモデルのハイディ・クルムが、今年のハロウィンはあのキャラクターになりきって登場した。(フロントロウ編集部)

 毎年かなり本格的な仮装をし、「ハロウィンの女王」とまで呼ばれているモデルのハイディ・クルムは、9月中ごろからすでに今年のハロウィンに向けて準備に取りかかっており、その様子を自身のインスタグラムで公開してきた。

 そんなハイディは現地時間10月31日に、連投してハロウィンの仮装の様子をアップし、最初に特殊メイクを施す白黒の動画を3本アップ。

 白黒の様子だと何か分からなかったけれど、次に公開されたカラーの写真ではハディの顔が緑に。しかも、今回はハイディの恋人であるトキオ・ホテルのトム・カウリッツもハイディと一緒にハロウィンの仮装に参加していることが判明。

 そして、特殊メイクは最終段階に。カツラもつけ、準備万端。ここまできたら、今年のハイディが何の仮装をしたか気づく人が多いはず。

 そう、2人が今年の仮装に選んだのは映画『シュレック』のシュレックとフィオナ姫。

画像1: ハイディ・クルム、恋人と一緒に完成度が高すぎる「あのキャラ」になりきる

 完成したシュレックとフィオナ姫の姿はこちら。

画像2: ハイディ・クルム、恋人と一緒に完成度が高すぎる「あのキャラ」になりきる
画像3: ハイディ・クルム、恋人と一緒に完成度が高すぎる「あのキャラ」になりきる
画像4: ハイディ・クルム、恋人と一緒に完成度が高すぎる「あのキャラ」になりきる

 衣装もバッチリきまっており、まるで映画のなかから2人が登場してきたような完成度の高さ。

 ハイディはこれまで一昨年のハロウィンで行った自分のクローンの仮装が大コケしたけれど、今年のハロウィンは「ハロウィンの女王」の意地をみせ完璧なフィオナ姫になりきった。 (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.