ディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』で主役に抜擢された女優のマッケンジー・フォイが、可愛すぎる幼少期の写真を公開した。(フロントロウ編集部)

6歳だった『トワイライト』時代

 クリステン・スチュワートとロバート・パティンソンが主演を務めた大ヒットシリーズ映画『トワイライト』の最終章となる『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン』で、ベラとエドワードとの間に産まれた娘役レネズミ役を演じたマッケンジー・フォイ。

 当時はまだ子供だったマッケンジーも、今や17歳。すっかり大人びたマッケンジーは、ディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』で主役に抜擢されるなど、女優としてのキャリアも上り調子。

画像1: 6歳だった『トワイライト』時代

 そんなマッケンジーがハロウィンを記念して、懐かしい写真を公開した。

Mackenzie Foy on Instagram: “Happy Halloween!!! Here is a picture of when six-year-old me dressed up as Elizabeth Swan for Halloween”

www.instagram.com

 「ハッピー・ハロウィン!6歳の私がエリザベス・スワンに仮装した時の写真」というコメントで、当時6歳のマッケンジーが『パイレーツ・オブ・カリビアン』でキーラ・ナイトレイが演じたエリザベス・スワンに仮装した時の写真をインスタグラムに投稿。

 吸い込まれるような大きな瞳のマッケンジーに「可愛すぎる!」という声が殺到するとともに、写真がアップで衣装がよく見えないこともあってか、「レネズミにしか見えない!」といった声も寄せられている。

画像2: 6歳だった『トワイライト』時代

 ちなみにマッケンジーは、『くるみ割り人形と秘密の王国』でキーラと共演している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.