ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーのキャスティングのキーマンであるエド・ラゼックが、同ブランドのファッションショーにトランスジェンダーのモデルを起用するべきではないといった発言をしたことに対して批判が殺到。自身の発言を釈明した。(フロントロウ編集部)

ヴィクシーの“ドン”の発言に批判殺到

 ヴィクトリアズ・シークレットの親会社であるL Brandsのチーフ・マーケティングオフィサーで、毎年ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーのキャスティングで大きな役割を担っているエド・ラゼック。

 歴代のエンジェルたちを生み出した御年70歳のエドが、米Vogueのインタビューで発した言葉が波紋を呼んでいる。

画像1: ヴィクシーの“ドン”の発言に批判殺到

 問題となっているのは、ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーにトランスジェンダーのモデルがキャスティングされないことへの質問に答えた時のひと言。

 数年前から、ヴィクトリアズ・シークレットはモデルの多様性に欠けるといった批判の声があるなかで、エドは自身の考える「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーの在り方についてこう説明した。

画像2: ヴィクシーの“ドン”の発言に批判殺到

 「トランスジェンダーのモデルをショーに出演させるべきだって?いいえ。私たちがすべきことではない。どうして?それはこのファッションショーがファンタジーだからだよ。42分間の特別なエンターテイメント、それがヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーなんだ。唯一無二で、どのファッションブランドも一目置く。私たちの粗探しをする競合でさえもね」

 まるで多くの人が憧れるファンタジーの世界にトランスジェンダーが加われないというような、エドの差別的な発言に批判が殺到。

 これを受けて、ヴィクトリアズ・シークレットの公式SNSを通して、エドが謝罪文を公開した。

 「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーにトランスジェンダーのモデルを加えなかったことについての心ない発言を謝罪します。弁解すると、私たちはトランスジェンダーをファッションショーに起用することに前向きです。オーディションにトランスジェンダーのモデルが来ました。そして多くのモデルがそうであるように、彼女たちもその座を掴むことが出来ませんでした。でもこれは、ジェンダーのせいではありません。ありのままの自分を受け入れるまでの彼女たちの道を尊重します。 エド・ラゼック」

画像: Victoria's Secret on Twitter twitter.com

Victoria's Secret on Twitter

twitter.com

 リアーナによる下着ブランドのフェンティ・ビューティ(Fenty Beauty)は、多様なボディシェイプやアイデンティティを持つモデルを積極的に起用するなど、モデルの多様化が進むファッション業界。

 そんな流れがあるなかでも、プラスサイズモデルやトランスジェンダーのモデルを排除したスレンダーな女性モデルしか起用しないヴィクトリアズ・シークレットには、批判の声があがっており、世界各地に店舗を構える大手ブランドの変わらない体質に、年々、不買運動の声が増えている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.