11月23日についに日本公開される映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。公開に先駆けて豪華メインキャストがジャパンプレミアのため揃って来日した。(フロントロウ編集部)

メインキャスト大集合の『ファンタビ』JPプレミア

 11月23日の日本公開を目前に控える映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』から、メインキャストのニュート役エディ・レッドメイン、ダンブルドア先生役ジュード・ロウ、ティナ役キャサリン・ウォーターストン、クイニー役アリソン・スドル、そしてジェイコブ役のダン・フォグラー、ナギニ役クローディア・キムが来日。

 多くのファンが集まったジャパンプレミアに登壇した。

 世界各国で行われたプレミアイベントの最終地点となった日本で、キャスト全員が日本語を連発。エディは「2年間も秘密を保ち、やっと日本に戻ってきて、みんなに共有できて本当に嬉しいよ」と語り、「アリガトウ!」と、最新作の公開を喜ぶ発言をした。

画像1: メインキャスト大集合の『ファンタビ』JPプレミア

ジュードは「コンニチハ」と、キャサリンは「ミンナ、ダイスキ」と、ダンは「コンニチハ」と、アリソンは「アリガトウゴザイマス」と日本語を披露し、そしてクローディアは「コンバンワ。私はナギニ役のクラウディア。韓国(の)名前はスヒョンです」と、日本語で自己紹介をしてくれた。

 さらにアリソンは「プレミアの最終地点が特別な場所、日本で本当に良かったと思っているの。日本人の暖かい歓迎はすごく嬉しくて元気をもらえる。少し時差ボケでも疲れてたとしても関係ないわ、あなたたちが魔法のようだから」と、日本について語り、日本の『ハリポタ』『ファンタビ』ファンの暖かな歓迎に感謝の気持ちを述べた。

 イベント中には、キャスト同士がこっそり耳打ちしてクスクス笑いあったり、遠くから救急車のサイレンの音が聞こえると、ダンやジュード、エディが慌ててみせたりするなど、終始キャストの仲の良さが伝わってくる。

画像2: メインキャスト大集合の『ファンタビ』JPプレミア

 そんなキャストが出演する映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、日本に先駆けてアメリカをはじめとする79ヶ国で公開され、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のオープニングの興行収入を大幅に上回る2億5,320万ドルの大ヒットでスタート。

 アメリカでは、『グリンチ』や『ボヘミアン・ラプソティ』といった今秋公開の大敵から大差をつけて堂々の初登場1位を獲得するなど、絶好調の滑り出しをしている。

 期待がかかる映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、11月23日に日本公開。

画像3: メインキャスト大集合の『ファンタビ』JPプレミア

 なお、今回ジャパンプレミアで来日したキャスト陣は、公開初日の初日舞台挨拶にも登場する予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.