大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』から、本編ではカットされてしまった未公開シーンを、クイーンのメンバーであるジョン・ディーコン役ジョー・マッゼロが公開した。(フロントロウ編集部)

「日本公演」の撮影写真を公開

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのメンバーであるジョン・ディーコン役を演じたジョー・マッゼロが、日本のファンには嬉しすぎる写真をインスタグラムに公開。

画像1: 「日本公演」の撮影写真を公開

「ライヴエイド以外のメイキング映像を少し。ラミと何を話して笑っていたのか覚えていればよかった。そして2枚目は、カットされたもので、日本公演で『39』をパフォーマンスしているシーンだよ」

Joe Mazzello on Instagram: “Little behind the scenes from some non Live Aid concerts. I wish I could remember what Rami and I were laughing about. And this second one…”

www.instagram.com

 ジョーがインスタグラムに投稿したのは、フレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレックとステージ上で雑談している時の写真と、本編ではカットされてしまった日本公演のシーン。

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 『ボヘミアン・ラプソディ』で日本公演のシーンが撮影されていたこと、そしてそこで「39」がパフォーマンスされていたことは、フロントロウですでにお伝えしたけれど、今回ジョーは、本編では一瞬しか映されなかった日本公演のパフォーマンスシーンを別のアングルで見た姿をファンのために公開してくれた。

 このシーンは、クイーンが初来日した1975年に行われた武道館のコンサートを再現したもの。

画像2: 「日本公演」の撮影写真を公開

 ここで披露された楽曲「39」は、ファンにとっては隠れた名曲として知られてきた。

 ブライアン・メイやロジャー・テイラーら本人たちが、「クイーンにとって特別な国」だと語ったことがあるように、日本はクイーンが世界に通じるロックバンドであることを確信させた場所。

 そんな思いが込められた日本でのパフォーマンスは、ジョーにとっても思い出のシーンとなった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.