イギリス王室のヘンリー王子が、母ダイアナ妃の死後、彼女が愛用していた「指輪」を一度は形見として受け継いだものの、のちに兄のウィリアム王子へと譲った“理由”が壮大すぎて鳥肌が立つ。(フロントロウ編集部)

 キャサリン妃の左手薬指に光っているサファイアの指輪が、ウィリアム王子の母、故ダイアナ妃から受け継がれたものであるというのは有名な話。

 しかし、ダイアナ妃の死後、この指輪を最初に形見として受け継いだのは、ウィリアム王子ではなく、ヘンリー王子だったという事実を知っている人は意外にも少ない。

画像: キャサリン妃の指先には、ダイアナ妃が婚約指輪として着用していた大粒のサファイアの周りをダイヤモンドが囲む指輪が光っている。

キャサリン妃の指先には、ダイアナ妃が婚約指輪として着用していた大粒のサファイアの周りをダイヤモンドが囲む指輪が光っている。

 果たしてなぜ、ヘンリー王子が一度は受け取った母の形見の指輪を、のちにウィリアム王子に譲ることになったのか…? その裏には、じつは感動的な逸話が。

 ダイアナ妃の生涯を追ったAmazonのドキュメンタリー番組『TheDiana Story(ザ・ダイアナ・ストーリ―)』の中で、かつてダイアナ妃の執事として仕えていたポール・バレル氏が、ヘンリー王子とウィリアム王子のあるやりとりについて明かした。

 ダイアナ妃が1997年に不慮の事故で亡くなった後、当時まだ10代だったウィリアム王子とヘンリー王子は、悲しみに暮れつつも、彼女の遺品を形見分けした。

 ポール曰く、その際、ウィリアム王子は、ダイアナ妃が父親のスペンサー伯爵から21歳の誕生日を記念して贈られたカルティエ(Cartier)の時計を、そしてヘンリー王子は「幼い頃、母さんの手を握ると、いつもこの大きな宝石の指輪が僕の手に当たって痛かったから」という、なんともせつない理由でサファイアの指輪を選んだという。

画像: 生前のダイアナ妃と幼い頃のヘンリー王子。

生前のダイアナ妃と幼い頃のヘンリー王子。

 しかし、それから時が経ち、ウィリアム王子がキャサリン妃にプロポーズを決めた際、ヘンリー王子はダイアナ妃の形見の指輪をウィリアム王子に託すことに。

 ポールは、このときヘンリー王子がウィリアム王子に告げた指輪を譲る“理由”について、ヘンリー王子の言葉をこう再現した。

「母さんの指輪は、彼女(キャサリン妃)が持っているほうがふさわしいんじゃないかな? そして、いつの日か、この指輪(を着けた人物)がイギリス国王の座につくんだ」

 解説すると、ヘンリー王子は、まずは、自分よりも王位継承位が高いウィリアム王子の妻であるキャサリン妃がダイアナ妃の指輪を受け継ぎ、そして、その後も母から娘へと(※)代々受け継がれていく中で、いつか、母の思い出の指輪を着けた女性がイギリスの女王となる日が来るのではないかと夢見ているということ。

※英王室に伝わる宝石は基本的には代々、女性が身に着けることになる。

 このヘンリー王子のロマン溢れるアイディアに賛同したウィリアム王子は、ダイアナ妃の指輪を受け取り、キャサリン妃へのプロポーズの際に婚約指輪として差し出すことに。これが、ダイアナ妃の指輪がキャサリン妃のもとへと渡った本当の理由だった。

 もし当時、ヘンリー王子がこのアイディアを思いつかなければ、今頃ダイアナ妃の形見の指輪は、キャサリン妃ではなく、彼の妻であるメーガン妃の左手薬指に光っていたかもしれない。

 ちなみに、ヘンリー王子がメーガン妃に贈った婚約指輪にも、ダイアナ妃のジュエリーコレクションから選出した2つのダイヤモンドが配されている。(フロントロウ編集部)

画像: メーガン妃の婚約指輪のデザインはヘンリー王子自らが担当。中央にある大きなダイヤモンドは、ヘンリー王子が「世界で一番自分らしくいられる場所」と語るボツワナ共和国からのもの。

メーガン妃の婚約指輪のデザインはヘンリー王子自らが担当。中央にある大きなダイヤモンドは、ヘンリー王子が「世界で一番自分らしくいられる場所」と語るボツワナ共和国からのもの。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.