今年11月に俳優のクリス・ジルカと婚約解消した大富豪の令嬢パリス・ヒルトンが、クリスから受け取った2億2,000万円相当と言われる婚約指輪を“返すつもりはない”と明かした。(フロントロウ編集部)

2億円超の婚約指輪の気になる行方は?

 ヒルトン・ホテルの創設者の孫娘で現在DJや実業家として活躍するパリス・ヒルトンが、今年11月に破局&婚約解消をしたクリス・ジルカからもらった、2億2,000万円相当と言われる20カラットのダイヤモンドの婚約指輪を“返すつもりはない”と、先日出演した米Sirius XMのラジオ番組のなかで断言した。

画像1: 2億円超の婚約指輪の気になる行方は?

 「この指輪をくれた人は、無料の宣伝活動によって何億円ものお金を手にしたのよ。ソーシャルメディアでお金を稼げるなんていいわよね。ほんと驚きよ」と、自分との交際で注目されたおかげで、クリスが多額のお金を得たと冗談交じりに話したパリス。

 続けて、番組のパーソナリティーを務める女優のジェニー・マッカーシーから「ってことは、指輪はあなたが持ち続けるってこと?」と聞かれると、「ええ、そうよ。ダイヤモンドは女の子の親友って言うでしょ」と、パリスらしい“理由”で指輪をキープする意向であることを明らかにした。

画像2: 2億円超の婚約指輪の気になる行方は?

 ちなみに、クリスと破局する前にこの婚約指輪を紛失したことがあるパリスは、DJ活動をする時や、高額な宝飾品を身に着けて行くのにふさわしくない場所へ行く時のために、婚約指輪のレプリカを3つも所持している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.