プロモーション活動で大忙しなマイリー・サイラスが、婚約者のリアム・ヘムズワースの意外な呼び名を明かした。(フロントロウ編集部)

 マーク・ロンソンとコラボ曲「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート」をリリースし、連日プロモーション活動に追われているマイリー・サイラスがラジオ番組の『Howard Stern Show』に出演。

 様々なトークを繰り広げるなか、話題はマイリーの婚約者であるリアム・ヘムズワースについて話に。多くの人は恋人を呼ぶときに「Bae」などと呼ぶけれど、マイリーはリアムのことを「サバイバル・パートナー」と呼んでいると告白。なぜマイリーはリアムのことを「サバイバル・パートナー」と呼ぶのか、そこにはある理由があった。

画像: マイリー・サイラス、婚約者を「サバイバル・パートナー」と呼ぶ深い理由とは?

きっかけはマリブの山火事

 マイリーとリアムが同棲していた家が11月に起こったマリブの山火事で消失してしまったのは、記憶に新しい。ちょうどその時マイリーは、撮影のためマリブを離れていたけれど、家にはリアムと動物たちがいたという。家が焼け落ちる前にリアムは動物たちを助けようとして、マイリーと一緒にペットとして家族に迎え入れていた馬や豚、そして猫や犬すべてを1人で避難させた。マイリーは1匹も見捨てなかったリアムに感謝しており、「私は彼のことを今、サバイバル・パートナーと呼んでいるの。彼はそのことをロマンチックと思っていないけれど。でも、私はなぜ誰かとペアになるのか学んだわ。それはサバイバルのためよ。彼は本当に素晴らしかった」と話し、サバイバル・パートナーと呼んでいる理由を明かした。

 またマイリーはすべての動物を救ってくれたリアムについて、「今まで以上に愛しているわ」と悲惨な山火事だったけれど愛が深まったことも明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.