クリステン・スチュワートが順調交際中と見られていたステラ・マックスウェルではない女性と親し気にする写真が激写され、2人に破局説が浮上している。(フロントロウ編集部)

 2019年秋米公開予定のリブート版『チャーリーズ・エンジェル』への出演が話題となっている女優のクリステン・スチュワートが、2016年末頃から約2年間に渡って交際していたモデルで、ランジェリーブランド、ヴィクトリアズ・シークレットの広告塔を務める美女軍団「ヴィクトリアズ・エンジェルズ」の一員でもあるステラ・マックスウェルと破局したのではないかとの説が濃厚となっている。

 ことの発端となったのは、クリステンが自宅のあるロサンゼルスで、別の女性と親密そうにしている姿が目撃されたこと。 

 クリステンが赤毛の小柄な女性と市内のカフェに食事の買い出しに出かけ、その道中で手を繋いだり、肩を寄せ合ったりする姿などがパパラッチのカメラに収められた。

 この女性の正体は、ファッションブロガーのサラ・ディンキン。ロサンゼルスを拠点にスタイリストとしても活動している。

 10月上旬、『チャーリーズ・エンジェル』の撮影でオランダに滞在していたクリステンが、彼女に会うため現地入りしたステラを空港まで迎えに行くなど、仲睦まじい姿が見かけられていたことから順調交際を継続していると思われていたクリステンとステラ。

 しかし、その直後に、クリステンがプライベート用のインスタグラムのアカウントでステラのアカウントをブロックしたとウワサされたことから、2人の関係が危機を迎えているのではないかとささやかれていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.