昨年、織田裕二主演でリメイクされて話題になった、アメリカの大ヒットドラマ『SUITS/スーツ』が今夏放送されるシーズン9をもって放送を終了することがわかった。(フロントロウ編集部)

超人気シリーズが完結へ

 昨年5月に英王室のヘンリー王子と結婚したメーガン妃(旧姓メーガン・マークル)がレギュラー出演していたことで知られる、リーガルドラマ『SUITS/スーツ』のシーズン9が制作されることが決定。それと同時に、このシーズン9が同シリーズにとって「最終シーズン」となることが、番組を制作する米USA Networkから発表された。

 正式な放送開始日はまだ発表されていないが、全10話で今夏に放送が開始される予定だという。

画像: 超人気シリーズが完結へ

 ニューヨークのマンハッタンにある大手法律事務所で働く敏腕弁護士ハーヴィーと、ひょんなことから経歴を詐称して弁護士見習いとして働くことになった青年マイクが、時に反発し合いながらも強い信頼関係を築き、数々の訴訟に挑んでいく姿を描いた本作は、2011年よりアメリカで放送がスタート。

画像: ガブリエル・マクト演じるハーヴィー(左)とパトリック・J・アダムス演じるマイク(右)。

ガブリエル・マクト演じるハーヴィー(左)とパトリック・J・アダムス演じるマイク(右)。

 海外でリメイク版も制作されるほどの大ヒットシリーズへとのぼりつめたが、アメリカで2017年から2018年にかけて放送されたシーズン7をもって、主人公のマイク役のパトリック・J・アダムスと、シリーズ当初から作品を支えてきたレイチェル役のメーガン妃が降板。現地時間1月23日からシーズン後半の放送が始まったばかりのシーズン8は、パトリック&メーガン妃抜きでストーリーが進められている。

画像: パトリックとメーガン妃。

パトリックとメーガン妃。

 物語がどういったかたちで完結するのかはもちろんのこと、降板したマイク役のパトリックがゲスト出演する可能性などについても現時点ではわかっていない。

 また、王室に嫁ぐ前に女優を引退し、ショービズ界から身を引いたメーガン妃については、新年早々にドラマの制作陣がいわゆる“カメオ出演”でかまわないので「出演して欲しい」と、メーガン妃&王室側に提案しているという話が出ていた

 ちなみに、パトリックとメーガン妃が去ったあとの『SUITS/スーツ』の撮影現場について、主演のガブリエル・マクトは、「みんなから『マイクとレイチェルが恋しい?』って聞かれるよ。(セットを)見ればわかると思うけど、そこらじゅうに2人の写真が飾ってある。彼らのことが恋しくてしょうがないよ。2人はこの現場に欠かせない存在だからね」と、米Peopleのインタビューで語っている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.