結婚式の日程を再び変更したことが報じられているシンガーのジャスティン・ビーバーとモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)が、ロサンゼルスでの挙式計画をいったん白紙に戻して、海外で式を挙げることを視野に計画を練り直し!?(フロントロウ編集部)

リゾート地での挙式に変更?

 つい先日、3月1日前後に予定されていた結婚式を延期したことを報じられたジャスティン・ビーバーヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)夫妻が、当初の開催予定地であった米ロサンゼルスではなく、海外での挙式に興味を示していることが関係者の証言からわかった。

 米Peopleによると、2人は“3度目の結婚式延期”を機にロサンゼルスでの挙式計画をいったん白紙に戻し、海外での挙式を視野に式場を探しはじめているそうで、2人とも「リゾート地が好き」という理由からトロピカルウェディングに心が傾いているとか。

画像: リゾート地での挙式に変更?

 元々2月末に決まったと言われていた結婚式の日程を、3月1日のジャスティンの誕生日に合わせて、1日付近に変更して行なうことを予定していたジャスティンとヘイリー。しかし、一部の招待客が参加できないことなどを理由に、今週火曜日、300人超と言われる招待客たちのもとに「日程が変更になった」という旨のメールが2人から届いたことが伝えられた。

 今回、関係者がPeopleに語った話では、主にヘイリーが式のプランを担っており、仮に本当に海外での挙式に変更となった場合は招待客の人数を減らす必要があるほか、式の日程も3月中はおろか4月から5月頃までずれ込む可能性もあるそう。

 法的にすでに結婚していることから、あせらず、とにかく「パーフェクトな結婚式」を挙げることを目指していると言われる2人だが、果たしてこの先どうなる?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.