女優のアンジェリーナ・ジョリーが、数ヵ月前に子供たちとある場所で「意外な姿」を目撃されていたことが判明。偶然、アンジェリーナと子供たちに出くわした女性がその時のことについて振り返った。(フロントロウ編集部)

ドッグランに行ったらアンジーと子供たちが…

 先日、ドラマ『ペアレントフッド』などの出演作で知られる女優のサラ・ラモスがインスタグラムを更新し、昨年11月頃にロサンゼルス近郊にあるドッグランを訪れた際、女優のアンジェリー・ジョリーと彼女の子供たちがチャリティのために敷地内で犬用の手作りクッキーを販売しているところに遭遇したことを明かした。

 「なぜ神様がこの話を伝える役目を私に託したのかはわからないけど、任されたからには責任を果たさなきゃ」と、上の投稿にこんなコメントを添えたサラは、数ヵ月経ってからこの話を公表することにした理由について、「アンジェリーナとその家族のプライバシーを守るため」と米Peopleに説明。

画像: 真ん中の3人がアンジェリーナの子供たち。左からノックス君、ヴィヴィアンちゃん、シャイロちゃん。 www.instagram.com

真ん中の3人がアンジェリーナの子供たち。左からノックス君、ヴィヴィアンちゃん、シャイロちゃん。

www.instagram.com

 写真を撮ったことを「申し訳ないと感じる」としたうえで、アンジェリーナ一家がごく普通の家族と変わらない様子だったことを明らかにした。ちなみに、サラによるとクッキーを購入すると、「ホープ・フォー・パウズ(Hope For Paws)」という動物保護団体に寄付されることになっていたという。

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 別の関係者がPeopleに語った話では、「ホープ・フォー・パウズ」への寄付を提案したのは子供たちだったそうで、この日販売していたオーガニックのクッキーを作ったのも子供たちだとか。

 子供たちの父親で俳優のブラッド・ピットとの離婚がいまだに正式に成立していないアンジェリーナだが、昨年12月に「親権」をめぐる裁判を待たずして、話し合いによる合意に達していたことが発覚。離婚発表後、疎遠になっていたブラッドと子供たちとの関係も徐々に修復し、離婚成立への“最大のネック”だった親権問題が解決したことで、残すは財産分与のみと言われている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.