先日、2019年の夏以降に放送開始予定のシーズン9をもって放送を終了することが発表されたドラマ『SUITS/スーツ』のクリエイターが、すでに同シリーズから卒表したオリジナルキャストのカムバックの可能性について語った。(フロントロウ編集部)

メーガン妃やパトリックの「復帰」はある?

 先日、今夏に放送開始予定のシーズン9をもって放送を終了することが発表されたドラマ『SUITS/スーツ』のクリエイター、アーロン・コーシュが同シリーズからすでに卒業したレイチェル役のメーガン妃メーガン・マークル)やマイク役のパトリック・J・アダムス、ジェシカ役のジーナ・トーレスらオリジナルキャストの「復帰」の可能性について語った。

 「メーガンにロイヤルファミリーとしての務めを一時的にお休みして番組に戻ってくるようお願いすることは、今のところまったく考えていないよ。もちろん戻ってきてくれたらすごく嬉しいけど、可能性は限りなくゼロに近いだろうね」

画像: メーガン妃やパトリックの「復帰」はある?

 ただ結婚して女優を引退しただけでなく、今や一般人ではなくてなってしまったメーガン妃のカムバックは「難しい」と語ったアーロンだが、メーガン妃と一緒にシーズン7をもってシリーズを卒業したパトリックに関してはまだ希望が残されているようだ。

 「じつはパトリックが番組を去る時に、カムバックの可能性について話し合ったんだ。その時にもしそれが正しいタイミングで、パトリックも乗り気でなおかつ彼のスケジュールが空いていたら、(カムバックを)実現させようという話になった」

 とはいえ、“マイクをストーリーに登場させたい”というだけでは物語は成立しないと語るアーロンは、パトリックと連絡を取るのは、「シリーズをどのようにして締めくくり、どのようなかたちでマイクを登場させるのかなど、ある程度のプランを決めてからのこと」と念を押した。

画像: マイク役のパトリックとレイチェル役のメーガン妃。

マイク役のパトリックとレイチェル役のメーガン妃。

 また、メーガン妃とパトリックよりひと足先にシリーズを卒業したジェシカ役のジーナについても、同様にまだ何も決まっていないという。

 ちなみに、ジーナに関しては『SUITS/スーツ』のスピンオフドラマ『Pearson(ピアソン)』で再びジェシカ役で主演を務めることが決まっており、今年中に放送が開始される予定。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.