映画『ボヘミアン・ラプソディ』で恋人同士を演じ、プライベートでもカップルのフレディ・マーキュリー役のラミ・マレックが、メアリー・オースティン役のルーシー・ボイントンとの相性を明かした。(フロントロウ編集部)

ラミがルーシーへの思いを表現

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリー役を熱演したラミ・マレックが、サンタバーバラ国際映画祭でアウトスタンディング・パフォーマー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた時に、フレディが愛するメアリー・オースティン役を演じた恋人のルーシー・ボイントンとの役者としての相性を語った。

画像: ラミがルーシーへの思いを表現

 「フレディ・マーキュリーを演じるという骨の折れるような任務では辛い時もありました」と、撮影時に直面した大きなプレッシャーを振り返ったラミ。

 そのうえで、「僕はたくさんの愛をもらいました。多くを得ることが出来ました。僕よりカットが少ない人もいます。ルーシー・ボイントンのような女優は、僕が彼女の瞳を見つめた時、『もう演じなくていいんだ。何もしなくていいんだ』と感じた。彼女の演技はとても落ち着いていて、全身全霊を打ち込んでいる」と、自然体で演技ができたラミとルーシーの相性の良さをアピール。

 ラミは1月のパームスプリング国際映画祭で、ブレイク俳優賞に輝いた時にも受賞スピーチで、「ありがとう、ルーシー・ボイントン。君は僕の味方であり、僕の自信なんだ、マイ・ラヴ。本当にありがとう」と、ロマンチックな愛のメッセージを送っていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.