カーダシアン家の三女クロエ・カーダンシアンの長い爪が批判の的に。そんな批判の声に、クロエが自身のツイッターで反論した。(フロントロウ編集部)

 カーダシアン家の三女として有名なクロエ・カーダシアンは、リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で「長いネイル大好きなの。パワーをくれる感じがするから」と語るほど、彼女にとってネイルのお手入れは大事なポイント。そんな彼女が先日、インスタグラムに自身の長いネイルの写真を投稿した。

 しかし、昨年子供を産んだばかりのクロエのこのネイルに批判の声が殺到。投稿のコメント欄には、「このネイルで子育て?」「赤ちゃんを引っ掻いちゃいそう」といったコメントが殺到した。

 実はこの批判は、最近問題になっている「母親はこうでなくてはならない」という考えを母親に押し付けるマミー・シェイミング(Mom Shaming)というもの。今までも、クロエの異父妹のカイリー・ジェンナーが同じ理由で批判されたりと、様々なセレブがマミー・シェイミングの対象になってきた。

画像1: 1児の母であるクロエ・カーダシアン、長いネイルを批判され反論

 そんな批判を受けてクロエは、自身のツイッターで「私のネイルについてみんなが騒ぐのがうざったいわ。信じてよ。ほんと普通にできてるから。自分で自分のことをするように、私の赤ちゃんの面倒もみてる。世の中にはもっと話すべきことがあるよ。少なくとも私はそう思う」とツイート。クロエの長いネイルは、以前も批判の対象になっており、度重なるマミー・シェイミングに呆れた様子。

画像2: 1児の母であるクロエ・カーダシアン、長いネイルを批判され反論

 しかしコメント欄には批判的なものだけでなく、「私の友達で長いネイルしてる子は、むしろネイルを短くしちゃうとパソコンのキーボード打てなくなるよ。すべては慣れだよ」「私は家政婦してるけど、ネイルは長いわよ。でも全然問題ないわ」といった、クロエをサポートする声も多く挙がっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.