リアリティスターのクロエ・カーダシアンが、恋人でNBA選手のトリスタン・トンプソンと、妹のカイリー・ジェンナーの“大親友”として知られるジョーディン・ウッズの浮気報道を遠まわしに認めた。(フロントロウ編集部)

“浮気症”の問題恋人が再び不貞行為

 人気リアリティスターのキム・カーダシアンの妹として知られるクロエ・カーダシアンのパートナーで、愛娘のトゥルーちゃんの父親でもあるトリスタン・トンプソンの浮気スキャンダルが再び世間を騒がせている。

 しかも、今回の浮気の相手とされる女性は、クロエの義父妹で同じくリアリティスターのカイリー・ジェンナーの「大親友」としておなじみのジョーディン・ウッズ。もちろんクロエとも面識があり、カーダシアン&ジェンナー家と“最も近い人物”でもある。

画像1: “浮気症”の問題恋人が再び不貞行為

 昨年、娘のトゥルーちゃんがまだクロエのお腹にいた時に、クロエとは別の女性と不貞をはたらいていたことがバレて、大バッシングを食らったことが記憶に新しいトリスタン。現在、dTVで配信されているリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で、浮気騒動の裏側や、激怒したクロエの姉キムとトリスタンの生々しいやりとりが公開されたことでも話題に。

 あの一件でさすがに懲りたと思われたが、その後も何度か“浮気未遂”が報じられるなど、いわゆる浮気症のトリスタンをめぐって、世間からクロエを心配する声がたびたび上がっていた。それでも懸命にトリスタンとの関係改善に努めてきたクロエのもとに再び舞い込んできた、妹の大親友との浮気疑惑。

画像2: “浮気症”の問題恋人が再び不貞行為

 米Us Weeklyによると、“事件”が起きたのは現地時間2月17日のことで、トリスタンの自宅で開かれたパーティーでジョーディンとトリスタンが人目もはばからず「イチャイチャしていた」という。その現場にたまたま居合わせた米The Hollywood Unlockedのライターの話では、2人はお互いの体を触るなどの濃厚な絡み合いを見せ、ジョーディンはトリスタンの自宅に翌朝7時まで滞在していたとか。

「いいね」&絵文字で恋人の裏切り行為を認める

 この件が報じられた直後に、トリスタンは「フェイクニュース(Fake News)」とツイッターでつぶやくも、即ツイートを削除。

 一方のクロエは、The Hollywood Unlockedの関係者がインスタグラムにアップした一連の出来事について説明する動画に「いいね」しただけでなく、“もっと大きな声で言ってやれ”と言わんばかりに「大声で叫ぶ」ことを意味する絵文字をコメント欄に投稿して、遠まわしに報道が事実であることを認めた。

画像: 「いいね」&絵文字で恋人の裏切り行為を認める

 クロエだけでなく彼女の友人のマリカ・ハックやラーサ・ピッペンも、The Hollywood Unlockedが報道した内容に同意するコメントを投稿している。

カイリーにとってジョーディンは「家族同然」

 浮気が発覚するまで、カイリーだけでなくクロエからも絶大な信頼を得ていたというジョーディンは、dTVで配信されているカイリー主演のリアリティ番組『LIFE OF KYLIE』にもレギュラー出演。

 カイリーとは本当の姉妹のような関係で、まさに家族同然の存在であり、カイリーが恋人でラッパーのトラヴィス・スコットと愛娘のストーミちゃんと暮らす自宅で、現在、同居生活を送っていることでも知られる。

画像1: カイリーにとってジョーディンは「家族同然」

 10代の頃から人生の苦楽を共にしてきた2人は、ジョーディンの父の死や、カイリーの妊娠&出産など、これまでお互いの人生に起きたツラいことも楽しいこともすべて共有してきた。

View this post on Instagram

MY GIRLS

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

今年1月にトラヴィス&ストーミちゃんと“家族旅行”へ出かけた際にも、カイリーはジョーディンを同伴。

 カイリーだけでなく、カーダシアン&ジェンナー家の面々とも非常に親しい間柄にあり、昨年3月にクロエが主催したトリスタンのバースデーパーディーにもジョーディンの姿があった。

画像2: カイリーにとってジョーディンは「家族同然」

 一体何がどうなって2人が一線を超えることになってしまったのかはわからないが、クロエにとっても、カイリーにとっても許しがたい裏切り行為の発覚に、今後さらに泥沼化することも予想される。

画像3: カイリーにとってジョーディンは「家族同然」

 ちなみに、Us Weeklyは今回の浮気が発覚してすぐにクロエがトリスタンに別れを告げたと伝えているが、事実かどうかはまだ確認がとれていない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.