米現地時間2月24日、ロサンゼルスで開催された第91回アカデミー賞授賞式で、主演男優賞を受賞した映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックの唇に思わぬハプニングが発生。その原因は、本作で共演した恋人のルーシー・ボイントンとの「キス」にあり!?(フロントロウ編集部)

ラミの唇にルーシーの口紅が…

 昨年公開された伝説的ロックバンド、クイーンの伝記的映画『ボヘミアン・ラプソディ』で故フレディ・マーキュリーを演じ、米現地時間2月24日に行なわれた第91回アカデミー賞授賞式で見事「主演男優賞」を受賞したラミ・マレックが、受賞スピーチの直前に思わぬハプニングに見舞われた。

画像1: ラミの唇にルーシーの口紅が…

 『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディの“最愛の人”メアリーを演じ、同作品での共演をきっかけに私生活でも恋人同士となったルーシー・ボイントンを授賞式に同伴したラミは、「主演男優賞」に自分の名前が読み上げられた瞬間、真っ先にルーシーとキス。

画像2: ラミの唇にルーシーの口紅が…

 その後、1度では物足りず、再度ルーシーの唇にキスをしてステージへと向かうおうとした時だった。

画像3: ラミの唇にルーシーの口紅が…

 ラミの唇に、自分の口紅もしくはリップグロスが付着してしまったことに気がづいたルーシーは、少々慌てた様子でラミを引き留めると、ラミの口元を手でぬぐって汚れをオフ。

画像4: ラミの唇にルーシーの口紅が…

 このルーシーの機転の利いた行動によって、ラミはアカデミー賞授賞式という全世界が注目する場で恥をかくことなく、受賞スピーチを無事に終えることができた。 

画像5: ラミの唇にルーシーの口紅が…

 ちなみに、そんなルーシーに対して、ラミは受賞スピーチの最後に「ルーシー・ボイントン、あなたは作品の核です。素晴らしい才能に溢れたあなたは僕のハートを掴みました。本当にありがとう」と、感謝の言葉を送っている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.