Photo:ゲッティイメージズ、スプラッシュ/アフロ
庶民的でとにかくいい人で知られる俳優のキアヌ・リーブスの「いい人」エピソードがまた増えた。(フロントロウ編集部)

トラブルにいち早く対応するキアヌ

 キアヌ・リーブスが搭乗していたユナイテッド航空の飛行機が緊急着陸するトラブルが発生した。

画像: トラブルにいち早く対応するキアヌ

 映画『ジョン・ウィック』シリーズで主演を務めるキアヌは、現地時間3月23日にサンフランシスコからロサンゼルスまでの約1時間半のフライトに搭乗。しかし、ロサンゼルスまであと少しというところでトラブルが発生し、飛行機はベーカーズフィールドという都市に緊急着陸した。

 予期せぬ出来事に乗客たちが心配するなか、乗り合わせたキアヌは、問題解決にむけて関係者と冷静に話し合い、搭乗客に向けて、目的地まで車で移動することになったことや、預けていた荷物の回収方法などの細かな手続き方法を丁寧に説明。

 無事に目的地までたどり着けるように手配できたところで、なんと、まさかのキアヌも一般人と一緒の車で目的地まで行くことに。

 世界的ヒット映画『マトリックス』などの大作に出演するキアヌのような一流セレブなら、普通は専用車をチャーターするのだが、さすがは“いい人”キアヌ。

 車で数時間ほどかかる目的地のロサンゼルスまで、航空会社が用意したワゴン車に見知らぬ一般人たちと相乗りした。

 道中では、キアヌがベーカーズフィールドはどんな場所なのかをみんなに紹介してみせるほか、キアヌのスマートフォンで地域に合った音楽を2時間近く流すなど、ツアーガイド並みのサービス精神で乗客をリラックスさせた。

 途中で寄ったコンビニエンスストアではファンとの写真撮影に快く応じ、自分が降りる前に他の乗客を降ろす余裕さえ見せたキアヌの姿に、ネット上では「キアヌ以上のいい人が見つからない」といった感服のコメントが多く寄せられている。

 ちなみにキアヌ、車内ではゲータレードとバナナを飲食したという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.