『ゲット・アウト』監督の最新映画『US』に、ドラマ『フレンズ』の赤ちゃんエマが16歳になって出演している。(フロントロウ編集部)

ドラマ『フレンズ』の赤ちゃんが、もう16歳…

 映画『ゲット・アウト』でアカデミー賞を受賞したジョーダン・ピール監督の最新ホラー『US(アス)』。ホラーとはいえ人間の心理模様を描くのが上手いピール監督の作品は、単なる怖がらせホラーではなく、ファンが多い。

画像1: ドラマ『フレンズ』の赤ちゃんが、もう16歳…

 『US』はアメリカで劇場公開されるやいなや、2019年の公開週末成績で『キャプテン・マーベル』に次ぎ第2位となる約77億円を記録した。

 そんなメガヒット中のホラー映画に、ドラマ『フレンズ』でジェニファー・アニストン演じるレイチェルの生まれたばかりの子供エマを演じた女優が出演している。

画像2: ドラマ『フレンズ』の赤ちゃんが、もう16歳…

エマは、じつは双子だった!

 『フレンズ』の赤ちゃんエマを演じ、今回『US』に出演したのは、カリ・シェルドンとノエル・シェルドン。2人はじつは双子で、『フレンズ』のエマも、カリとノエルの2人で交互に演じていたそう。

 『US』で2人が演じるのは、エリザベス・モスが演じるキティ・テイラーの双子の娘ベッカとリンジー。今作に出演が決まった時、カリは「このチャンスをもらえて、素晴らしい俳優や監督と一緒に働けることが、とても嬉しいです」と、自身のインスタグラムで話していた。

 『US』のストーリーは、登場人物たちが自分にそっくりなドッペルゲンガーに襲われる恐怖が肝。双子の2人の演技にも注目したい。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.