映画『アクアマン』の主演俳優ジェイソン・モモアが、2012年以来、約7年ぶりに「ヒゲ」を剃ってツルツルフェイスに!(フロントロウ編集部)

「さよなら、ドロゴ。さよなら、アーサー・カリー」

 今年2月に公開された映画『アクアマン』で、主人公のアーサー・カリーことアクアマンを演じた俳優のジェイソン・モモアが、“プラスチックのペットボトルよりも、再生可能なアルミ缶のほうが地球に優しい”ことを1人でも多くの人たちに知ってもらうため、トレードマークの「ヒゲ」とおさらばした。

 その一部始終をおさめた動画がコチラ。

画像: Goodbye Drogo...I SHAVED! www.youtube.com

Goodbye Drogo...I SHAVED!

www.youtube.com

 ヒゲは、メガヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でジェイソンが演じたカール・ドロゴや、前出のアクアマンのトレードマークでもあることから、電動シェーバーをヒゲにあてながら、「さよなら、ドロゴ。さよなら、アーサー・カリー(アクアマン)」と“別れ”を告げたジェイソン。 

画像: 「さよなら、ドロゴ。さよなら、アーサー・カリー」

 続けて、「良い変化をもたらそう!俺の子供たちと君の子供たち、そして世界のために。俺たちの地球の環境が良くなるように変えていこう。海や陸をキレイにしよう。永久に再生可能なアルミにシフトしていこうじゃないか」と訴え、プラスチックによる海洋汚染が深刻化する今、地球環境に優しい素材を使うことの大切さを呼びかけた。

 ちなみに、コチラがヒゲを剃り終わったあとのジェイソンの姿。

画像: www.youtube.com
www.youtube.com

 ワイルドな感じは変わらないが、だいぶスッキリとした印象に!?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.