ヘアピンをはじめ、ヘアアクセサリーをラフに髪に留めるのがビッグトレンド。だけど、さりげなく留めたいのに、重さのあるヘアアクセサリーはずり落ちてくるという悩みも。海外のプロが、大きさや重さのあるヘアアクセサリーを帰宅するまでしっかり固定させるテクを紹介。(フロントロウ編集部)

 小さいヘアピンから大きなバレッタまで、いろんなタイプのヘアアクセサリーが登場していて、無造作なヘアに留めるだけでトレンド感が出るので人気。だけれど、ストーンがぎっしりついているものなど、大きさや重さのあるヘアピンやバレッタは、狙った位置に固定しておくのが難しい。

画像: トレンドのヘアアクセが「ずり落ちる」悩みを解決!海外のプロの裏技3つ

モデルのアシュリー・グラハム

インフルエンサーのブリタニー・グザビエ

 セレブを手掛けるヘアスタイリストのブリジット・ブレイガーが、狙った位置にヘアアクセサリーを固定して一日中キープさせる裏技を米メディアinstyleに紹介。

ヘアアクセサリーを狙った位置に固定する裏技

 ブリジットが紹介する裏技は3つ。

1.留めたい場所に逆毛を立てておく

 ブリジットがオススメするテクは、留めておきたい場所に、あらかじめ逆毛を立てておく方法。毛先から根本にむかってクシを動かし、髪にふくらみをもたせておくことで、重さのあるヘアピンや、大きいバレッタもしっかりとかませることができるという。

画像: 1.留めたい場所に逆毛を立てておく

 さらに、逆毛にヘアアイロンも使うと熱の力で髪が固定されるので、よりしっかりとした土台になってくれるのだそう。

2.ヘアアクセサリーに合わせた量の髪を挟む

 とくにストレートヘアの場合、ヘアアクセサリーの留め具に対して、挟む髪の量が少ないと、時間とともにヘアアクセサリーの重みでずり落ちてしまう。そのため、ヘアアクセサリーのサイズやボリュームに合った髪の量を挟むことはマストなのだそう。

画像: 2.ヘアアクセサリーに合わせた量の髪を挟む

 ついざっくりと感覚で留めてしまいやすいので、どの程度の髪を挟むか、あらためて注意してみて。

3.スプレーと隠しピン

 比較的軽いヘアピンであれば、あらかじめ留め具の部分にパウダータイプのドライシャンプーをつけておくと、髪とヘアピンとのグリップになるので、ヘアピンがずれたりすべり落ちるのを防ぐことができる。けれど、重さのあるヘアアクセサリーのときは、ヘアアクセサリーを固定したらその周辺にヘアスプレーをかけておくと、ヘアアクセサリーがずれにくくなるのだそう。

画像1: 3.スプレーと隠しピン

 さらに、ヘアアクセサリーをつけたい位置の真下に“隠しピン”として、シンプルな小さいボビーピン(スモールピン)をつけておくのもオススメ。ヘアアクセサリーに重さがあったとしても、真下にとめたボビーピンがストッパーの役割を果たしてくれるので安心だという。

画像2: 3.スプレーと隠しピン

 日頃、何度もヘアアクセサリーをつけ直して悩んでいたという人も、これからトレンドのヘアアクセサリーを取り入れようとしている人も、ブリジットがオススメするテクを参考にしてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.