7月12日公開のディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー4』のアフレコの様子を収めた動画が公開。ウッディ役のトム・ハンクスやバズ役のティム・アレンといったお馴染みの面々に加えて、シリーズ初参加の俳優キアヌ・リーブスの姿も。(フロントロウ編集部)

キアヌが“迫真の演技”を見せる

 いよいよ約1ヵ月後に公開が迫った映画『トイ・ストーリー4』で、“カナダ出身のバイクスタントマン”という設定のおもちゃ、デューク・カブーン役の声を担当する俳優のキアヌ・リーブスの「本気すぎるアフレコ」が話題になっている。

 キアヌは動画の8分12秒あたりから登場するのだが、身も心もすっかりデュークになりきっているようで、ほかの役者よりも大げさな身振り手振りを交えながら演技。デュークがウッディとボーに自己紹介をする際にバイクを使った“技”を披露するシーンでは、「ハッ!」「ハッ!!」「ヤァッ!」と言いながら、映像のなかのデュークに合わせてポーズを決める場面も。

画像: キアヌが声を担当するデューク・カブーン。 ©Toy Story4/YouTube

キアヌが声を担当するデューク・カブーン。
©Toy Story4/YouTube

 このキアヌの熱の入りように彼のファンだけでなく、大のトイ・ストーリー好きだという俳優のクリス・エヴァンスも、「もしこのキアヌの映像が2時間で、『トイ・ストーリー4』という名前で公開されたとしても、僕は少なくとも2回は劇場に足を運ぶだろうね」と思わずコメント。

 キアヌいわく、「ほとんどアドリブみたいな感じで自由にやらせてもらえた」そうなので、「ハッ!」というかけ声も、少々ナルシストできざな話し方も、キアヌが自分で編み出した可能性が高い。

画像: 左からウッディ、ウッディ役のトム・ハンクス、ボー役のアニー・ポッツ、ボー、バズ役のティム・アレン、新キャラのフォーキー役のトニー・ヘイル、同じく新キャラの女の子の人形ギャビ―・ギャビー役のクリスティーナ・ヘンドリックス、バズ。

左からウッディ、ウッディ役のトム・ハンクス、ボー役のアニー・ポッツ、ボー、バズ役のティム・アレン、新キャラのフォーキー役のトニー・ヘイル、同じく新キャラの女の子の人形ギャビ―・ギャビー役のクリスティーナ・ヘンドリックス、バズ。

 ちなみに、アフレコの様子を収めた11分超の動画には、1作目からウッディの声を担当する俳優のトム・ハンクスや、バズの声を担当する俳優のティム・アレン、また『トイ・ストーリー3』では出演がなかったボー役の女優アニー・ポッツらが、キャラクターたちに声を吹き込む姿も収められている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.