元ディズニー・チャンネル・スターのベラ・ソーンが、ヌード写真を流出すると脅迫した犯人への逆襲をはじめた。(フロントロウ編集部)

ヌード流出を脅した犯人を特定

 不正な方法で入手した自身のヌード写真を「流出させる」とハッカーから脅され、その対抗措置として自らそのヌード写真をツイッターに公開した女優のベラ・ソーンが、2,000万人以上のフォロワーを武器に逆襲にでた。

画像: ヌード流出を脅した犯人を特定

 リークしたヌード写真を自らSNSに公開したベラは、その4日後の21日にインスタグラムのストーリーを更新。今回の件に関するテキストメッセージのスクリーンショットを公開したベラは、「犯人を見つけるまであと少し」と、怒った顔文字をつけてフォロワーに報告した。

画像: Bella Thorne/Instagram

Bella Thorne/Instagram

 ハッカーの電話番号をもとに犯人を捜索しているベラのチームは、犯人が「思っていたより技術が高い」としながらも、犯人の特定を進めている。

 犯人を特定できた場合、ベラは犯罪として法的処置を取るつもりがない意向を示しているが、プライバシーの侵害による責任はきちんととってもらうつもりがあることが、メッセージには書かれている。

 今回のヌード写真流出については、大御所司会者のウーピー・ゴールドバーグが「有名人なのにヌードを撮るのが悪い」と発言し、ベラが涙ながらに反論。その後、アリアナ・グランデら多くのセレブがベラを擁護するコメントを発表するなど、ヌード写真流出にとどまらず、二次災害が生まれるほど大きな騒動になっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.