伝説のシンガー、エルヴィス・プレスリーの伝記映画が制作されることが決定!主演候補として名前が挙がっている4人とは?(フロントロウ編集部)

エルヴィス役の候補は4人

 2018年に全世界で大ヒットを記録したクイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』や、今年8月に公開予定のエルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』に続き、新たにエルヴィス・プレスリーを題材にした映画の制作を米ワーナー・ブラザースが進めていることがわかった。

 米Deadlineによると、エルヴィスとマネージャーの関係を描いた作品になるそうで、すでにマネージャーのトム・パーカー役は俳優のトム・ハンクスに決定しており、監督は映画『ロミオ+ジュリエット』や『ムーラン・ルージュ』で知られるバズ・ラーマンが務めるという。

画像: エルヴィス(右)とマネージャーのトム・パーカー(左)。

エルヴィス(右)とマネージャーのトム・パーカー(左)。

 気になるエルヴィス役はというと、今まさに選考を行なっている真っ最中だといい、なかでも有力な候補として名前が挙がっているのはこの4人だとか。

アンセル・エルゴート

 映画『きっと、星のせいじゃない。』や『ベイビー・ドライバー』などの作品で知られる俳優のアンセル・エルゴートは、デビューから立て続けに大作に出演。若手俳優のなかでも頭ひとつ抜けており、巨匠スティーヴン・スピルバーグが監督を務めるリメイク版『ウェスト・サイド物語』(2020年公開予定)の主人公トニー役に抜擢された。

画像1: エルヴィス役の候補は4人

ハリー・スタイルズ

 活動休止中のボーイグループ「ワン・ダイレクション」のメンバーで、現在はソロで活動するハリー・スタイルズは、2017公開の戦争映画『ダンケルク』で映画デビュー。俳優としてのキャリアは浅いが、そのポテンシャルを買われ、映画『007』シリーズの主人公ジェームズ・ボンド役の候補としても名前が挙がっている

画像2: エルヴィス役の候補は4人

マイルズ・テラー

 2014年公開の映画『セッション』での演技が高く評価され、世間にその名を轟かせることとなった俳優のマイルズ・テラー。現在、Amazonプライム・ビデオのオリジナルシリーズ『Too Old To Die Young(原題)』に出演中で、2020年にはトム・クルーズ演じる主人公マーベリックの相棒グースの息子役で出演する映画『トップガン:マーベリック』の公開を控えている。

画像3: エルヴィス役の候補は4人

オースティン・バトラー

 これまでドラマ作品への出演が中心だった俳優のオースティン・バトラーは、今年に入って、レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットのW主演映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を含む2本の映画に出演。ちなみに、私生活では女優のヴァネッサ・ハジェンズと交際していることで知られる。

画像4: エルヴィス役の候補は4人

 果たして、エルヴィス役は誰の手に。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.