アリアナ・グランデが、自身の世界ツアー「スウィートナー・ワールド・ツアー(Sweetener World Tour)」である新記録を樹立した。(フロントロウ編集部)

 3月からニューヨークでの公演を皮切りにツアー「スウィートナー・ワールド・ツアー(Sweetener World Tour)」を開催したアリアナ・グランデ。アルバム『スウィートナー』と『サンキュー、ネクスト』リリース後の同世界ツアーは大盛況を収め、先月20日には追加日程が発表された。

画像: アリアナ・グランデ、ファンに想い届きある新記録を樹立

 そんなアリアナが、同ツアー中にあることで新記録を達成。

アリアナが達成した新記録とは?

 アリアナのコンサート会場で樹立された新記録は、有権者登録の数。アメリカの政治システムは日本と異なり、選挙で投票する際、選挙人リストに名前を載せてもらうように事前に申請が必要。そのためアリアナは、若い世代のファンに選挙に参加してほしいと、コンサート会場に有権者登録所を設置していた。

 そんななか、このシステムを提供するNPO団体のヘッドカウント(HeadCount)が、2008年の設立以来、今年に入ってから団体を通しての有権者登録数が最も多かったことを発表。なかでもアリアナのツアーでの登録者数が最多だったといい、アリアナの影響力を見せつけた。

 以前から政治への強い関心を示してきたアリアナ。アメリカでは、有権者登録が煩わしいと選挙への参加を諦めてしまう若い人は少なくない。来年2020年に迫った大統領選挙を含め、政治への関心を持ってほしいというアリアナの気持ちが届く形となった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.