Photo:ゲッティーイメージズ,スプラッシュ/アフロ,ニュースコム,Twitter, Instagram
制作が予定されているディズニーの『リトル・マーメイド』の実写版映画で、主人公のアリエル役に黒人の血を引く若手シンガーのハリー・ベイリーが起用された。(フロントロウ編集部)

ビヨンセも認める才能

 近年、『美女と野獣』、『シンデレラ』、『アラジン』など名作アニメの実写化作品を大ヒットさせているディズニーが『リトル・マーメイド』の実写版の制作を予定しているが、同作に2018年のグラミー賞新人賞にノミネートされた姉妹デュオ、クロイ&ハリー(Chloe x Halle)のハリー・ベイリーが主人公のアリエル役でキャスティングされたことが発表された。

画像: クロイ&ハリー。右が姉クロイ、左が妹のハリー。

クロイ&ハリー。右が姉クロイ、左が妹のハリー。

 姉のクロイとともにシンガーのビヨンセが運営するレコードレーベル兼マネージメント会社パークウッド・エンターテイメントに所属するハリーは、現在19歳。

 幼少期から姉とともに子役として活動してきたハリーは、ビヨンセの主演映画『Fighting
Temptations(ファイティング・テンプテーションズ)』(2003年)にも出演。2011年からYouTubeにビヨンセやアデル、レディー・ガガなどのカバー曲やオリジナル曲を公開していたところ、その才能にビヨンセが改めて着目。2015年にパークウッド・エンターテイメント社とアーティスト契約を結んだ。

 クロイ&ハリーのユニット名で活動をはじめ、ビヨンセが2016年に行なった「レモネード・ツアー」のオープニングアクトを務めた姉妹は、バラク・オバマ元大統領夫妻のお気に入りアーティストとしても知られている。クロイ&ハリーの活動は音楽だけにとどまらず、そろって米ABCの人気シットコム『Grown-ish』に出演するなど女優業にも挑戦している。


監督もベタ惚れ

 米Varietyによると、実写版『リトルマーメイド』にあたり、同作を手がけるロブ・マーシャル監督は、ここ数カ月、たくさんの候補者と面会しオーディションを開催。しかし、ハリーは序盤からすでに最有力候補に浮上していたという。

 ハリーがアリエル役に決定したことが発表された声明の中で、マーシャル監督は「広範囲にわたる審査の結果、ハリーこそがこの役にふさわしい精神や心、若々しさ、純粋さ、重要性を兼ね備えていると確信しました。さらに彼女は、輝かしいほどの歌唱力の持ち主です。彼女はアリエルというアイコニックな役を演じるのに必要なすべての要素を備えています」とハリーを絶賛している。


「黒人の血を引くマーメイド」の誕生

 アニメ版の『リトル・マーメイド』では、主人公のアリエルは、白い肌に赤い髪、青い瞳と、白人風の風貌で描かれているが、今回キャスティングされたハリーはアフリカ系の血を引くアメリカ人。

 実写版のキャスティングについては、同じく黒人の血を引く女優のゼンデイヤの名が浮上し、多様性に欠けると指摘されてきたディズニー作品に”新風を吹かせて欲しい”と世間から期待を集めていたが、ハリーがアリエル役を演じることについても、多くの人々、とくに黒人コミュニティから賛同と喜びの声が上がっている。

 ハリーはキャスティングのニュースが全世界を駆け巡ると同時に、ブラウンの肌に黒髪、黒い瞳と自分の特徴を表したアリエルのイラストをツイッターに投稿し、「夢が叶ったわ…」と喜びを表現していた。

 実写版『リトル・マーメイド』のそのほかのキャストには、アリエルの声を奪ってしまう海の魔女アースラ役には映画『ゴースト・バスターズ』の女優のメリッサ・マッカーシー、カモメのスカットル役には映画『クレイジー・リッチ!』や映画『オーシャンズ8』のオークワフィナ、魚のフランダー役には映画『ワンダー君は太陽』や映画『ルーム』に出演した子役のジェイコブ・トレンブレイの名前が挙がっている。(フロントロウ編集部)

※記事公開後、ハリー本人が反応を示したため加筆しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.