映画『ワイルド・スピード』シリーズの第9作目となる新作に過去の作品に登場した「最強女性キャラ」2人がカムバックすることが明らかに。(フロントロウ編集部)

 メガヒットシリーズ『ワイルド・スピード』(以下『ワイスピ』)の待望の新作となる第9作目の撮影が6月末についにスタートしたことを、前作から引き続き主演を務める俳優のヴィン・ディーゼルと女優のミシェル・ロドリゲスが動画を通じて報告したが、今度はヴィンが、同作にシリーズ過去作品で重要な役割を演じた大物女優2人がカムバックすることを発表した。

 撮影が好調に進んでいることを報告したヴィンは、「素晴らしいオリジナルキャストが集結しているよ。オスカー受賞者であるシャーリーズ・セロンやヘレン・ミレンもね」とコメント。

 シリーズ8作目の『ワイルド・スピード ICE BREAK』でヴィン演じる主人公のドム率いる“ファミリー”の前に立ちはだかる冷酷非道な天才ハッカー、サイファーを演じた女優のシャーリーズ・セロンと、“ファミリー”と協力関係を結ぶこととなったイギリス軍の特殊部隊の元隊員のデッカード・ショウの母親であり物語のカギを握る存在として登場したマグダレーン・ショウ役の女優ヘレン・ミレンも第9作の撮影に参加していることを明かした。

画像: シャーリーズ・セロン演じるサイファー。©Universal Pictures

シャーリーズ・セロン演じるサイファー。©Universal Pictures

画像: ヘレン・ミレン演じるマグダレーナ。©Universal Pictures

ヘレン・ミレン演じるマグダレーナ。©Universal Pictures

 さらにヴィンは、以前から伝えられていた、WWE出身の人気レスラーで、映画『バンブルビー』などにも出演したジョン・シナが新キャラクターとして出演し、シリーズに新風を吹かせていることも正式に発表。「素晴らしい輝きを発揮している」とファンたちの期待を煽った。

画像: ジョン・シナ

ジョン・シナ

 前作に悪役として登場したキャラクターが次作では協力関係を結ぶ仲間となって登場するというケースが多い『ワイスピ』シリーズだが、果たしてシャーリーズ演じるサイファーは最新作で“ファミリー”と手を組むこととなるのか、そして、ヘレン演じるマグダレーンはどんな活躍を見せるのか、期待が高まる! 

 『ワイスピ』第9弾の公開は2020年5月を予定しているが、同シリーズの人気キャラである俳優のドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスとジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウが主役に迎えた初のスピンオフ作品である映画『ワイルド・スピード/スーパー・コンボ』は8月2日日米同時公開。

画像: 『ワイルド・スピード』第9弾にあの「最強女性キャラ」たちが帰って来る!

 恐いもの無しのデッカードでさえもタジタジにしてしまう母マグダレーン役のヘレンがこちらの作品にも出演していることは発表されているが、ファンをあっと言わせるサプライズが得意な同シリーズだけに、もしかしたら、シャーリーズ演じるサイファーやジョン演じる新キャラが何らかの形で出演している可能性も? どちらの作品も目が離せない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.