クイーン+アダム・ランバートとしてザ・ラプソディ・ツアーを行なっているシンガーのアダム・ランバートが、コンサートの途中に故フレディ・マーキュリーに宛ててメッセージを送った。(フロントロウ編集部)

アダムが故フレディにメッセージ

 人気バンドのクイーンアダム・ランバートが全世界を周るザ・ラプソディ・ツアーが7月についに開幕。2018年に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』の影響もあり、多くのファンが待ちに待ったザ・ラプソディ・ツアーで、ボーカルとして参加しているのがシンガーのアダム・ランバート。ソロシンガーとしても活躍するアダムが、コンサート中にクイーンのボーカルである故フレディ・マーキュリーに対してメッセージを送った。

画像: アダムが故フレディにメッセージ

「僕はフレディ・マーキュリーではない。だってフレディ・マーキュリーはたった1人しかいないから。僕はみんなと同じように、ただの大ファン。唯一無二のフレディの代わりにはなれない。今夜ここにいる僕は、フレディを称え、彼が先導してきたことを受け継ぐだけ。フレディが誇りに思ってくれるといいな」

 アダムは何度かクイーンとツアーを周っているため、クイーンのボーカルである故フレディとは何かと比較されることが多いけれど、以前から、自分はフレディ・マーキュリーではないということを主張。フレディの意志を受け継いで、多くの人に音楽を届けているアダムは、今ツアーでも迫力のある声でクイーンの楽曲を熱唱している。

 クイーン+アダム・ランバートは、2020年1月に東京、大阪、名古屋で公演を行なう予定。日本に強い思い入れがあるクイーンなだけに、来日公演はスペシャルなステージになること間違いなし。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.