映画『タイタニック』をはじめ多くの代表作がある俳優のレオナルド・ディカプリオが、最近ハマっているドラマを明かした。(フロントロウ編集部)

レオナルドが注目するドラマとは?

 日本で8月30日に公開されることが決まっている映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で、ブラッド・ピットとW主演を果たしたレオナルド・ディカプリオが、先日ロサンゼルスで行なわれた同作のプレミアに出席。

画像: レオナルドが注目するドラマとは?

 その際、レオナルドは米Varietyのインタビューで、最近見ているドラマについて聞かれ、「『ユーフォリア』を見ているよ」と語り、「とても素晴らしい。あの番組は本当に素晴らしいよ」と大絶賛。

1エピソードに550万人が視聴する『ユーフォリア』

 ドラマ『ユーフォリア』は、主演のゼンデイヤが薬物中毒者の役で出演し、ラッパーのドレイクがプロデューサーとして名を連ねているドラマで、ドラッグやセックス、アイデンティティー、ソーシャルメディアなどに悩みながら、恋愛や友情といった人間関係に苦しむ高校生たちをリアルに描いた作品。1エピソードあたり約550万人が視聴しているといわれている話題作。

 そんな話題作の『ユーフォリア』にレオナルドも夢中なようで、自身も550万人のうちの1人だということを明かした。

 大御所俳優であるレオナルドに絶賛されることは、俳優として喜ばしい出来事。この発言には、主演のゼンデイヤもSNSで反応しており、レオナルドが語っている動画を無言でリツイートしている。

 シーズン2の制作も決まり、ますます勢いに乗っている『ユーフォリア』にとって、レオナルドが絶賛する言葉は大きな力になったこと間違いなし。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.