元祖スーパーモデルのナオミ・キャンベルが、飛行機に乗る時に潔癖症並みに掃除をしている姿を公開した。(フロントロウ編集部)

機内でナオミの潔癖な一面が

 元祖スーパーモデルのナオミ・キャンベルは、仕事で世界中を周っているため飛行機での移動は当たり前。そんなナオミは、飛行機に乗る前に必ず行なうことがある。

 ナオミが飛行機に乗り込み、まず行なうことは、機内の掃除。カバンの中に常備しているゴム手袋を装着し、自分が座る座席の周辺をはじめ、テーブル、モニター、ひじかけ、リモコン、ベルトなど、肌に触れる可能性がある場所は、イギリスで一番信頼のおけると言われている除菌グッズ、デトールの除菌シートを使って全て綺麗に拭き上げるところからはじまる。

画像1: 機内でナオミの潔癖な一面が

 そして、誰が座ったか分からない座席にも直接座らないのがナオミ流。座席は先ほどと同じ手順で拭くわけにはいかないので、必ず持参しているシートカバーをかけてようやく着席するといういつものルーティーンを自身のYouTubeチャンネルで明かした。

画像2: 機内でナオミの潔癖な一面が
画像: ナオミ・キャンベル、飛行機の中でとる行動がナオミ・キャンベルらしい

日本からの飛行機でも機内を掃除

 先日来日した際の帰りの飛行機の中でも、マスクを装着しゴム手袋をはめ除菌シートを持っている写真を自身のツイッターにアップ。座席にはしっかりとブルーのシートカバーがかけられているのがわかる。

 さらに、客室乗務員がおしぼりを持ってナオミの元へ向かうと「結構です」と、受け取らず潔癖な一面を見せた。

 飛行機に乗ったら毎回、客室乗務員や搭乗者の目を気にすることなく、この一連の行動をとるスーパーマイペースなナオミ。そんな彼女は、「人にどう思われても気にしないわ。私の健康のためで、(掃除をすると)気分がよくなるの」と語り、飛行機に乗るときに欠かせないルーティーンだということを明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.