ロイヤルファミリーのメーガン妃も産後の体重増加を経験中。しかしメーガン妃はポジティブな考えを持っているよう。(フロントロウ編集部)

産後ダイエットをしていないメーガン妃

 イギリス王室のメーガン妃は、2019年5月に第1子アーチーを出産。

 出産をしたらお腹はすぐに引っ込むと思われがちだけれど、じつはそんなことはない。出産の3日後に行なわれたアーチーのお披露目会見に、ママのリアルな体型の変化が分かる洋服で登場したメーガン妃には多くの称賛の声があがった。

画像1: 産後ダイエットをしていないメーガン妃

 そんなメーガン妃は、激しい産後ダイエットは行なわずにヨガで体調を整えることに集中しているそうで、体型を今すぐに戻そうとは考えていないという。

 メーガン妃といえば王室に入る前は俳優として活躍しており、趣味のワークアウトのおかげもあって、その体型は非常にほっそりとしたものだった。そんな体型を維持していたメーガン妃であれば、出産後もすぐに体型のためになんらかの行動を始めそうだけれど、ある理由から焦って産後ダイエットはしていないという。

「体重を落とすことは簡単じゃないですよね。でもメーガン妃は、新米ママのリアルを体現できて嬉しがっていますよ」

画像2: 産後ダイエットをしていないメーガン妃

 出産前とは体型が変わってしまったとはいえ、それはこの世に生を与えたうえで起こる自然なこと。メーガン妃は身をもって女性の現実を伝えられることが嬉しいため、産後ダイエットには焦っていないという。

 実際、アーチーのお披露目会見のあとには、男性だけでなく出産未経験の女性からもリアルな産後ボディについて初めて知ったとのコメントがSNS上で多くあがり、メーガン妃の思いは達成されているよう。

 王室メンバーとして行く先々で多くの注目を集めるメーガン妃だけれど、その注目をうまく使って世の中のママを励ましているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.