シンガーのビリー・アイリッシュが、自身の爪が原因で起きたあるできごとを明かした。(フロントロウ編集部)

 そのユニークなファッションセンスでも注目を集める人気シンガーのビリー・アイリッシュは、先日髪の毛をネオングリーンに染めてイメチェン。そんなビリーは、派手なヘアカラーに合わせて全身緑のスタイリングをして、かぎ爪と言えるほどロングな緑色のネイルまでつけて、グリーンコーデを楽しんでいた。

 しかし、もとの3倍以上もの長さがありそうなネイルが原因でビリーに悲劇が。

画像: ビリー・アイリッシュ、長いネイルが災いして「悲劇」に見舞われる

ビリーに起きた悲劇とは

 ビリーは自身のインスタグラムを更新し、こう報告した。

「もうこのネイルは十分。これ、まじで穴だよ」

画像: ビリーに起きた悲劇とは

 ビリーがインスタグラムに投稿したのは、手の平から出血している写真。シャープな長いグリーンの爪で、なんと自分の手のひらを刺してしまったよう。その傷は穴が開いてしまうほど。

 そんなビリーだけれど、以前英Metroのインタビューで「これまで生きてきた間ずっと、怪我をする癖があるんだよね。小さい時からこんな感じ」と、ちょっぴり不器用な一面を明かしている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.