2019年のヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーが「中止」となったと常連モデルが発言した。(フロントロウ編集部)

常連モデルがインタビューで明かす

 人気ランジェリー・ブランドのヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret/以下ヴィクシー)が過去20年以上にわたって毎年行ってきたファッションショーが2019年は「中止になった」とこれまで何度も同ショーのランウェイを歩いた経験を持つモデルのシャニーナ・シェイクがインタビューの中で明かし、ヴィクシーファンたちを騒然とさせている。

画像: シャニーナ・シェイク。2018年のヴィクシーショーのランウェイより。

シャニーナ・シェイク。2018年のヴィクシーショーのランウェイより。

 豪メディアDaily Telegraphとのインタビューに応じたシャニーナは2019年のヴィクシーショーは開催されないとこんな風に明言。

「残念ながら今年はヴィクシーショーは開催されないわ。それって私にとっては慣れないこと。だって、毎年今頃の時期は私もエンジェル(※)たちと同じようにトレーニングに励んでいたから」

※ヴィクトリアズ・シークレットの広告塔を務める美女軍団「ヴィクトリアズ・エンジェル」のこと。

 ヴィクシーショーといえばモデル界でも有数の美女たちだけが出場できる“狭き門”として知られている。

 年末に行なわれるショーに向けて、毎年8月の終わり頃には出演モデルを決めるオーディションが行なわれるが、出演がすでに決定しているエンジェルたちや、出演を熱望しているモデルたちは、オーディション前から地道でハードな体作りを開始。

 エンジェルの一員ではないものの、近年連続してオーディションを通過し、ヴィクシーショーに出演してきたシャニーナにとって、例年ならば、今頃、あと4カ月半ほどに迫ったショーに向けてトレーニングに励んでいるはずなのに、今年はショーが中止となったため、そんな努力をする必要もないという状況は、少し奇妙な感じがしているよう。

 さらに、シャニーナは、ヴィクシー・ブランドの今後について自身が知っている情報についてこうもコメントしている。

「でも、将来的に何かが起こるのは確かよ。これは確か。運営側は新しいブランディングの方法に取り組んでいるはずだし、これまでとは違う形でショーを行なうと思う。だって、ヴィクシーショーは世界一のショーだからね」

 今年5月、ヴィクシーを運営するL Brands(エル・ブランズ)のCEOが書いたメモが流出。2019年以降のヴィクシーについて綴られたそのメモには、これまで行ってきたテレビ放送を取りやめ、デジタル社会を生きる顧客たちにより効果的に届く新しタイプのイベントを作り出す方針との旨が綴られていた。

 ヴィクシーショーの視聴率は年々、低下の一途を辿っており、その背景には、SNSの進化や「美=セクシー」というヴィクシーが推す“理想の女性像”と時代の流れにズレが生じて来たことがあると言われている。

 今回の「ヴィクシーショー中止」という発言は、あくまでもシャニーナ個人の口から出たものであり、ヴィクシーからの正式発表というわけではないので、落胆するにはまだ早い。しかし、同ブランドが2019年からは、これまでとは違った新たな方法でブランドのメッセージを発信していくというのは間違いないよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.