マコーレー・カルキン主演で大ヒットした映画『ホーム・アローン』が、ディズニーによってリメイクされることが発表された。(フロントロウ編集部)

マコーレー・カルキン主演の映画『ホーム・アローン』

 1990年に全米公開された映画『ホーム・アローン』は、全世界で興行収入500億円を超える大ヒットを記録し、いまだにクリスマスの定番映画として人気を集めている。

 マコーレー・カルキンを一躍トップ子役にした第1作目の『ホーム・アローン』から、その後、主演を変えながらも2002年に全米公開された『ホーム・アローン4』まで制作された。

画像1: Ⓒ20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

Ⓒ20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

 そんな『ホーム・アローン』のリメイクが決定!

 8月8日に行なわれたウォルト・ディズニー・カンパニーの収支報告で、CEOのボブ・アイガーが発表したところによると、ディズニーのストリーミングサービスDisney+のためにリメイクされる『ホーム・アローン』は、「新しい世代」を意識したストーリーになるとのこと。

画像2: Ⓒ20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

Ⓒ20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

 さらにボブは、『ナイト ミュージアム』、『12人のパパ』、『グレッグのダメ日記』もリメイクされることを明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.