テイラー・スウィフトが8月23日にリリースするニューアルバム『ラヴァー(Lover)』の収録曲の未公開歌詞を1日1節ずつ「音声ラブレター」として公開することが明らかに。(フロントロウ編集部)

1日1通の「音声ラブレター」

 シンガーのテイラー・スウィフトのニューアルバム『ラヴァー』のリリースまで残すところあと3日となった米現地時間の8月20日火曜日、テイラーがSNSを通じてファンに向けて重要なお知らせを発表した。

 動画メッセージでテイラー本人の口から明かされたのは、音楽ストリーミングサービスSpotify(スポティファイ)で『ラヴァー』のリリースを記念したスペシャルコンテンツとして、先行リリースされた『ラヴァー』の収録曲やテイラーのお気に入りのラブソングなどを集めたプレイリストが配信されるというニュース。

 テイラーが「毎日チェックしてみてね」と語る、『Love, Taylor: Lover Enhanced Album(ラブ,テイラー:ラヴァー・エンハンスト・アルバム)』と題されたこのプレイリストには、特典として、テイラー自身が『ラヴァー』収録曲の未公開リリックの一節をを読み上げる“オーディオ・ラブレター(音声ラブレター)”も。リリース日までの3日間、1日1節ずつ、『ラヴァー』の歌詞が明かされるというユニークな仕組みとなっている。

 初日に明かされた歌詞の一節は下記の通り。

I can't talk to you when you're like this/ Staring out the window like I'm not your favorite town/ I'm New York City

あなたがこんな状態の時、私はあなたと話をしたくない/まるで私があなたのお気に入りの街じゃないみたいに窓の外をじっと眺めている/私はニューヨークね

 さらに、この歌詞と同じ一節が、米New York Timesの誌面にも掲載。今後も世界中のどこかにサプライズで出没するものと見られている。

New York Timesに掲載された歌詞の一部。テイラーの直筆で書かれたもののよう。

 これらのリリックが、先日ようやくトラックリストが発表された『ラヴァー』のどの収録曲のものなのかは明かされておらず、ファンたちは一体どの曲の歌詞なのかとSNS上で予想合戦を展開。

 ちなみに、初日に公開された歌詞の一節は、テイラーが第1弾先行シングルとしてリリースした「ミー!」のMVの冒頭で、テイラーがコラボ相手でロックバンド、パニック!アット・ザ・ディスコのボーカル、ブレンドン・ユーリー演じる夫とフランス語で口論をしているシーンに登場するセリフと同じ。

画像: ©Taylor Swift/ YouTube

©Taylor Swift/ YouTube

 米Varietyによると発売前にして、プレオーダーだけでもすでに100万枚を売り上げているというテイラーのニューアルバム『ラヴァー』。明日以降もどんな歌詞が明かされるのか楽しみ! (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.